« 食品スーパー、売上速報、2021年1月、好調! | Main | 株価速報、食品スーパー、2021年2月19日、低調! »

February 19, 2021

DgS、HC、コンビニ、百貨店、売上速報、2021年1月!

PI研のコメント(facebook):
・2021年1月度のDgS(ドラックストア)、HC(ホームセンター)、コンビニ、百貨店の売上速報です。1月度は業態によって大きく明暗が分かれたといえます。HCは絶好調で112.9%、しかも、客数105.9%、客単価106.7%と、バランスよく売上を押し上げています。ここでは触れていませんが、食品スーパーも全体が108.4%と好調ですが、客数は96.2%と昨対を割り、客単価が112.8%と、客単価が売上を押しあげているのとは対照的です。HCは各業態の中でも最も好調といえます。ついで、DgSも昨対を越えていますが、102.5%と、低調な伸びです。特に、下位企業は軒並み昨対割れです。これは食品を強化しているかどうかで明暗が分かれたといえ、食品を強化しているGenky、コスモス薬品、カワチ薬品はトップ3ですが、食品を強化していないマツモトキヨシH、ココカラファインは昨対割れの厳しい状況です。結果、DgS全体としては低調な伸びとなりました。コンビニ、百貨店ですが、いずれも昨対割れの厳しい状況です。特に、百貨店は71.8%と、前月、12月度の85.7%と比べてもさらに下がっています。コンビニも依然として客数が86.6%と伸び悩み、客単価の110.1%で売上げをカバーできず、95.3%と厳しい数値です。小売業は新型コロナウイルス感染症により、業態により、明暗が分かれたといえ、その差が一段と拡大しつつあるといえます。来月以降、さらに、その差が開くのか、当面、売上げの動向に注視が必要といえます。2月度、3月度は小売業の本決算月となりますので、決算結果を含め、今後の売上動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ホームセンター 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,750人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

February 19, 2021 |

Comments

Post a comment