« オーシャンシステム、第3四半期決算、増収増益! | Main | 食品スーパー、売上速報、2021年1月、好調! »

February 17, 2021

オイシックス・ラ・大地、第3四半期決算、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
・オイシックス・ラ・大地が2/10、2021年3月期の第3四半期決算を公表しました。結果は増収、営業利益は283.8%となる増益と、好決算となりました。オイシックス・ラ・大地は大きく3つの野菜の宅配事業を展開しており、さらに、全国の食品スーパーが展開しているとくし丸事業も傘下にあります。野菜の宅配ですが、オイシックスが全体の49.52%と中核を占め、ついで、らでぃっしゅぼーや18.26%、大地を守る会14.39%と続きます。とくし丸は単体では売上高を公表していませんが、この第3四半期現在、流通総額が121.4億円と100億円を超えています。稼働台数も671台、導入企業もイトーヨーカ堂をはじめ、いなげや、イイダ、サンリブ、リウボウストアなど、全国に及びます。さて、決算結果ですが、売上高もさることながら、営業利益をはじめ、各段階の利益が400%前後と異常値です。原価、経費ともに、ダブルで大きく改善しており、昨年の3.0%の営業利益が8.2%にまで増加、率でも269.0%という結果です。コメントでも、「在宅勤務の拡大などによる家庭内での食事頻度の増加や、年末年始の帰省自粛の影響により高単価商材の売上が好調に推移、・・」とのことで、宅配が消費者から強い支持を受けたといえます。一方、BS、貸借対照表の方ですが、総資産が159.9%と大きく増加、特に、現預金は218.3%と激増しています。有利子負債は総資産のわずか0.4%ですが、買掛金を含め、その他負債も増加したため、自己資本比率は53.7%と昨年の53.7%と同率です。これを受けて、株価の方ですが、2/10の決算発表後、上下を繰り返しており、投資家の売り買いが拮抗している動きです。現状株価は3,040円、PERは28.74倍、PBRは4.95倍と高い水準であり、投資家は割高な株価と見ているといえます。オイシックス・ラ・大地、残り四半期ですが、今期は空前の好決算が予想され、新型コロナウイルス感染症が特需をもたらしたといえます。今後、この好調さを維持できるか、とくし丸の動向もふまえ、今後の展開に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #とくし丸 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,740人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

February 17, 2021 |

Comments

Post a comment