« February 2021 | Main | April 2021 »

March 31, 2021

食品スーパー、客単価の時代へ!

PI研のコメント(facebook):
・新型コロナウイルスにより、食品スーパーの進路が決まったようです。この1年間の月別の主要企業20社の月別売上速報を集計したところ、客単価が決め手であることが判明しました。年間平均で客単価の20社平均は106.4%、1社も昨対を下回った企業はありません。ベスト5は、成城石井121.4%、ヤオコー119.5%、ライフコーポレーション112.1%、マルエツ112.0%、いなげや111.6%です。特に、成城石井とヤオコーは図抜けており、No.3以下とは一線を画しています。一方、客数の方ですが、集計20社の年間平均は96.3%ですので、客単価とは対照的な数字になっています。ちなみに、ただ1社だけ年間平均の客数が100%を超えた企業があります。ベルク102.1%です。それだけ、この1年、食品スーパーが客数を昨対以上にアップさせることは難しかったといえ、これが新型コロナウイルスの新状態の本質といえるかと思います。結果、売上高=客数×客単価の売上高ですが、No.1はベルク、No.2はヤオコー、No.3はマックスババリュ関東でした。ちなみに、客単価No.2の成城石井は売上高ではNo.8でした。食品スーパーにとって、蜜が許されず、販促を打てなかった1年でしたが、一方で、従業員の新型コロナウイルスの感染を防ぎ、徹底的に感染防止策を顧客を含め取り組んできたといえます。その結果が数字としては客単価に現れたといえ、これが新状態の実態といえます。この新状態は、後戻りできない段階に入ったといえ、当面、この新状態は続くと予想されます。食品スーパーの今期本決算が今後、続々と公開されますが、各社、この新状態とどう向き合い、来期、どう対応してゆくのか、各社の一層の客単価アップ政策に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #客単価 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,960人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 31, 2021 | | Comments (0)

March 30, 2021

アークランドサカモト、2021年2月、本決算、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
・アークランドサカモトが2021年2月期の本決算を3/29に公表しました。アークランドサカモトはホームセンターが主体ですが、食品を強化したスーパーセンター、外食のかつやなども運営しており、多岐に及ぶ業態を展開しています。ここ最近、積極的な成長戦略を打ち出しており、昨年の11月にはホームセンターのビバホームをM&A、子会社化しています。したがって、この本決算はその影響が多岐に及び、財務3表も昨年とは大きく変化しています。最も変化したのは、BS、貸借対照表であり、ほぼすべての科目が激変しています。例えば、自己資本比率が昨年の69.7%から23.0%へと激減しており、異常値となっています。これはM&Aにあたって、多額の資金を短期で借り入れたためであり、結果、有利子負債が増加、さらには、キャッシュフロ―にまで影響が及んでいます。したがって、しばらく、財務が安定するまで時間がかかると思われます。財務の健全性は脆弱になりましたが、企業規模は大きく増加、売上高は63.0%増となっています。さて、これを受けて、株価の動向ですが、投資家は静観、決算発表が午後だったこともあり、その日には直接反映されてはいませんが、ここ数週間、上昇基調ですので、明日以降の株価が気になるところです。アークランドサカモト、まずは、M&A後の財務を安定させることが先決ですが、今回の大型M&Aの経験を活かし、今期はどのような成長戦略を打ち出すのか、今後の動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ホームセンター 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,950人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 30, 2021 | | Comments (0)

March 29, 2021

食品スーパー、投資前倒し、ライフとヤオコー!

PI研のコメント(facebook):
・日本経済新聞が3/28、興味深い記事を配信しました。見出しは「食品スーパー、投資前倒し、「内食」好調で顧客囲い込み、ライフとヤオコー、計画比3割増」です。記事ではライフコーポレーションとヤオコーの数字だけが紹介されていますが、食品スーパー業界全体が今期は好調でしたので、恐らく、業界全体が設備投資を来期は増加し、既存店の改装に取り組むのではないかと想定されます。記事の内容では、特に、ライフコーポレーションの取り組みについて触れており、「売り場のレイアウトを変更して顧客が店内を買い回りやすくし、店員や顧客の接触を減らして感染しにくくする。」ことをメインに取り組むようです。また、セミセルフレジの増設やスライド式の陳列棚の導入にも取り組むとのことで、新型コロナウイルス感染症後の新状態に合わせた店舗改装を顧客視点と従業員の作業軽減を含め、一気に変える内容といえます。その背景には新状態は定着し、継続するという予想と、改装に必要な原資がこの1年で蓄積され、投資に振り向けるキャッシュをが生まれたことにあるといえます。実際、この2社以外の主要な食品スーパーの過去1年間の売上速報を集計すると、平均106.4%であり、特に、トップ3はベルク112.5%、ヤオコー110.1%、マックスバリュ関東107.4%と、大きな伸びとなっており、100%をしたまわっている企業は1社もありません。それだけ、食品スーパーには投資へ向けられるキャッシュが蓄積されたといえます。ちなみに、コンビニは極めて厳しい状況であり、主要な企業の過去1年の売上速報を集計すると94.3%と昨対を大きく下回っています。来週からは食品スーパーの2月度決算の公表がはじまりますが、来期の投資戦略をどう打ち出すのか、特に、キャッシュフロー、投資キャッシュフローの動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #店舗改装 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,950人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 29, 2021 | | Comments (0)

March 28, 2021

コカ・コーラ500mlを700mlへ、25年ぶりサイズ新設!

PI研のコメント(facebook):
・一般に商品サイズの変更は新たな顧客の創造につながりますが、今回、コカ・コーラが25年ぶりだそうですが、3/29から500mlPETを廃止し、700mlを創設するそうです。ただし、「全国のスーパーマーケット、ドラッグストア、ディスカウントストア」の3業態のみだそうで、自動販売機等はこれまで通り、500mlPETの販売は続けるそうです。3/25の日本コカ・コーラのニュースリリースを見ると、その狙いが鮮明です。「日本は少子高齢化によって人口減が進む一方、少人数世帯は増え、世帯数は上昇傾向」にあるとの認識の中、「炭酸飲料の飲用習慣も変化」とのことで、「小型サイズを少人数でシェアして飲むことが多くなり、・・」と、ここに合致する容量サイズが700mlだそうです。結果、500mlを3業態では廃止とのことで、思い切った容量変更といえます。500mlのPETが登場したのが1996年だそうですので、約25年ぶりの新設容量となります。参考に、独自に調査したコカ・コーラの1.5L、350ml、500mlの併売関係を図式化し、その詳細を示しましたが、容量の違いが顧客の違いになっていることが鮮明であることがわかります。3つとも購入する顧客はわずか0.7%であり、いずれか2つを購入する顧客は最大のケースでも約20%、結果、80%は併売しておらず、しかも、容量が増加するに従い、併売率が大きく下がることが分かります。3/29からは500mlのところが700mlに置き換わりますので、この関係がどう変化するか、消費者の各業態での今後の商品購入動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #コカコーラ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,950人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 28, 2021 | | Comments (0)

March 27, 2021

株価速報、食品スーパー、3月26日、堅調!

PI研のコメント(facebook):
・3/26時点の食品スーパーの株価速報です。この日、日経平均は29,176.70円(+1.56%)と上昇、5日移動平均0.96%、26週移動平均も8.29%とプラスですので、短期的にはまだ厳しい状況ですが、長期的には上昇基調にあるといえます。このような中で、食品スーパー平均は2,540円(+0.9%)と微増でした。ベスト5は、イオン、大黒天物産、トーホー、いなげや、USMHです。特に、イオンは4.8%増と高い伸びとなりなりました。また、大黒天物産は先週もベスト5に入っており、投資家からの関心が高いといえます。ついで、関西スーパー、オリンピック、バローHD、アルビス、アクシアルと、以上がベスト10です。集計した食品スーパー全32中23社までがプラスですので、全体としては堅調な株価であったといえます。先週と今週を全32社で比較してみると、大半がマイナスとなっており、前日比では堅調な株価でしたが、先週比では厳しい状況といえます。このような中で、注目はNo.1のイオンです。イオンの過去9ケ月間の株価の推移を見ると、2月の下旬まで上昇基調でしたが、2/24から3日連続で株価が急落、売買高も大きく上昇しています。これは、権利落ちが発生したためですが、その後、株価は徐々に戻り始め、ここへ来て上昇基調に入っています。特に、この3/26はボリンジャーバンドの上値圏にぶつかる勢いで、売買高も大きく増加しています。投資家は買いと見ているといえます。以上、3/26時点の食品スーパーの株価ですが、イオンを含め、株価がどう動くか、来週以降の動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株式 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,950人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 27, 2021 | | Comments (0)

March 26, 2021

AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー

PI研のコメント(facebook):
・「第3の客数」をテーマとしたセミナーの解説です。4/15(木)に開催されますが、今回は無料ですので、お時間がある方はZoomで視聴できますので、ご参加ください。「第3の客数」はこのセミナーで初めて使うオリジナルな造語です。これまで存在してはいましたが、ここ最近まで認識できなかった客数で、しかも、ID-POS分析のユニーク客数と相性の良い客数です。なぜ、存在していたのに把握できなかったかというと、この客数は映像とAIが組み合わさり、はじめて取得、解析できる客数だからです。映像の技術の進展とAIの飛躍的発展、特に、DL(ディープラーニング)の進化がなければ、この世では認識されなかった客数といえます。ある意味、奇跡の客数ともいえます。ちなみに、その特徴は、未購入の通行客の性年代が把握できることにあります。したがって、既購入客の性年代とのGAPや購入率を解析すれば、既購入客、特に、ユニーク客数、すなわち、新たな顧客を産みだすことができるといえます。問題はこの「第3の客数」を食品スーパーでどの部門、ドラックストアではどの部門が最大の効果を上げるかですが、ここからはAIとID-POS分析の役割となります。今回のセミナーでは、ヴィンクスさんとABEJAさんの豊富な成功事例も交え、「第3の客数」とは何か、どのように取得するか、ID-POS分析とどう連携するか、そして、どの部門からどのような施策を打ち、どう検証し、PDCAにつなげてゆくかなど、「第3の客数」にかかわる一連の流れとロジックと実践事例など、すべてをこの1日で解説します。本格的な他社とコラボするはじめてのAI入門セミナー、スピンアプト版です。是非、参加をご検討ください。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #客数 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,940人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 26, 2021 | | Comments (0)

March 25, 2021

スーパーマーケット販売統計調査2月度、既存店98 9%!

PI研のコメント(facebook):
・一般社団法人 全国スーパーマーケット協会、一般社団法人 日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会、食品スーパーの業界3団体が3/22、2月度のスーパーマーケット販売統計調査を公表しました。結果は既存店が98.9%、先月1月度が106.0%ですので、大きく失速、厳しい結果となりました。キーワードトップ3でも言及しているように、うるう年からの反動が大きく、これに保存性の高い食品の前年からの反動が加わったためと思われます。ただ、依然として巣ごもり需要が継続、さらに、この2月度は気温が高かったこともあり、部門により、好不調が分かれたといえます。好調な部門ですが、生鮮3品と惣菜です。いずれも堅調な数字となり、昨対をクリアーしました。一方、グロサリー関連はいずれも昨対を割り、明暗が分かれたといえます。好調な部門ですが、青果が103.3%と最も高い伸びであり、相場高等がプラスに寄与したとのことです。ついで、水産の102.9%で、気温の上昇、家飲み需要、そして、節分の恵方巻などが貢献したとのことです。生鮮3品の中では、最も厳しかったのが畜産で、100.3%でした。気温が上昇し、鍋物需要が激減したことに加え、昨年の反動で加工肉の消費が減少したことが大きかったとのことです。惣菜は比較的検討し、100.4%でした。節分の恵方巻が好調であったとのことです。一方、グロサリー関連はいずれも厳しい数字であり、日配98.4%、一般食品97.9%、非食品は89.5%と大きく下がりました。また、地方分類では九州・沖縄地方が厳しく、保有店舗数では10店舗以下が厳しく、以上と以下で明暗が分かれたといえます。食品スーパーを含め、客数に依存する小売業態は2月度は軒並み厳しい数値ですが、客数、客単価、特に客単価の構造は新型コロナウイルス感染症による新状態が定着、高い数字を維持しています。恐らく、次回、3月は堅調な数字に復帰することが予想されます。客数回復後、各社がどのような客単価アップ政策を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #スーパーマーケット 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,930人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 25, 2021 | | Comments (0)

March 24, 2021

コンビニ、売上速報、2月度、-5 8%、失速!

PI研のコメント(facebook):
・日本フランチャイズチェーン協会が3/22、全国のコンビニ、55,897店舗の売上速報を公表しました。結果は昨年が閏年であったため営業日数が1日少なく、客数が減少、これが売上に影響し、-5.3%と厳しい結果となりました。1月度が-4.9%ですので、より、数字が下がったといえます。全国のコンビニですが、全部で7社、セイコーマート、セブンーイレブン・ジャパン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、山崎製パンデイリーヤマザキ事業部統括本部、そして、ローソンです。売上高が-5.3%となった中身ですが、客数が-12.3%と12ケ月連続で下がったことが最大の要因です。客単価は8.0%と17ケ月連続でプラスですので、それ以上に客数が下がっており、これが売上げに大きな影響を与えています。また、店舗数も55,897店舗ですが、伸び率は0.8%ですので、成長性も横ばいとなっており、コンビニは構造的に厳しい局面に入っているといえます。ちなみに、この7社の内、セブンーイレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのより詳細な数字をみて見ると、ほぼ全体と同様な傾向ですが、この3社のみの合計では1月度の売上高は95.3%、この2月度が95.8%ですので、2月度の方が若干ですが、プラスに転じています。ただ、ほぼ横ばいといえ、ここ数ケ月の推移もほぼ横ばいですので、大きな変化はないといえます。コンビニ、この2月度は閏年の関係でやや売上高が下がりましたが、ここ数ケ月の動向は横ばいといえ、いわゆる新型コロナウイルス感染症による新状態が定着したといえます。次回、3月度ですが、恐らく、反転、昨対を越えるまでは難しいかと思いますが、堅調な数字となるのではないかと予想されます。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #コンビニ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,930人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 24, 2021 | | Comments (0)

March 23, 2021

ツルハH、第3四半期決算、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
・ツルハHが3/16、2021年5月期の第3四半期決算を公表しました。結果ですが、増収増益、売上高9.3%、営業利益8.7%と、バランスの良い好決算となりました。やや気になるのは、営業利益は好調でしたが、経常利益は105.2%、当期純利益は100.1%と微増であったことです。また、営業利益も、高では大きく増加しましたが、率では減益となったことです。一般的に、売上高と営業利益の率の差が、逆転すると、今回のケースのように、高では増益、率では減益となるといえます。一方、BS、貸借対照表の方ですが、今期は、「JR九州ドラッグイレブン株式会社の株式取得」があり、財務構造が大きく変化しています。特に、有利子負債が大きく増加、買掛金も増加したため、自己資本比率が53.3%と昨年と比べ94.5%へと下がっています。総資産は店舗数が207店舗加わりましたので、113.2%と増加していますが、財務バランスが不安定になったことです。総店舗数は2388店舗ですので、207店舗は約10%ですが、10%以上、BSに影響が生じている項目はM&Aのインパクトといえます。M&Aは財務を安定させることもありますが、今回のケースは財務を圧迫したといえそうです。これを受けて、通期ですが、これまでの流れを踏襲、売上高9.4%増、営業利益8.9%増と増収増益予想です。では、この決算結果を投資家はどう見たかですが、3/16の決算後、株価は大きく下げており、投資家は売りと判断したようです。ツルハH、いよいよ、1兆円が視野に入ってきましたが、今後もM&Aを含め、成長戦略をどのように打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ツルハ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,930人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 23, 2021 | | Comments (0)

March 22, 2021

クスリのアオキH、第3四半期決算、増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・クスリのアオキHが3/18、2021年5月期の第3四半期決算を公開しました。結果は増収、大幅増益の好決算となりました。やや気になるのは売上高が2.3%の微増となったことです。店舗数は「北信越に12店舗、東北に12店舗、関東に14店舗、東海に5店舗、関西に3店舗の合計46店舗の出店」と、現在、「店舗数は、ドラッグストア670店舗(うち調剤薬局併設346店舗)」ですので、もっと数字が高くても良いかと思いますが、それだけ、経営環境が厳しいと思われます。クスリのアオキH自身もコメントで、「熾烈な出店競争や価格競争に加え、業界上位企業による経営統合やM&Aなどの寡占化はより激しさを増し、依然として厳しい経営環境」と、厳しい経営環境にあるとのことです。一方、BS、貸借対照表の方ですが、「新規店舗の設備投資を使途とする長期借入金(1年以内返済予定含む)の増加70億89百万円」と、有利子負債は増加していますが、利益剰余金が増加、買掛金も減少し、自己資本比率は41.2%となり、昨年と比べ6.2ポイント増加しています。結果、財務の安定化が図られています。これを受けて、通期ですが、増収、微増という予想で、残り四半期、成長性は高いですが、利益は厳しい予想をしています。株価ですが、決算前から上昇基調で推移していましたが、この決算の発表のあった3/18以降、さらに上昇、投資家は買いと判断したといえます。クスリのアオキH、東北、関東、関西、そして、東海と北陸を起点にドミナント地区を拡大しつつあり、今後も成長性が期待されます。残り四半期、そして、中長期的にどこまで日本全国へ店舗網を広げてゆくのか、その成長戦略に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #クスリのアオキ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,920人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 22, 2021 | | Comments (0)

March 21, 2021

CPI、消費者物価指数、2月度、コアCPI 0 4%!

PI研のコメント(facebook):
・総務省が3/19、2021年2月度のCPI、消費者物価指数を公表しました。結果は政府、日銀が目指しているコアCPI(生鮮食品を除いた総合指数)+2.0%が-0.4%と、マイナス、依然として厳しい結果となりました。これだけ日銀が大規模金融緩和を実施し、政府が新型コロナウイルス対策もありますが、大規模な財政出動を実施しても、CPIはマイナスという状況です。当面、金融緩和は続き、財政出動も継続することになると思われます。さて、その詳細な結果ですが、ここでは、食料に絞り、約300項目すべてを取り上げました。食料全体は0.0%と全体の-0.4%を押し上げています。中でも野菜・海草3.1%、肉類1.0%と、この2部門がプラス項目です。一方、果物が-3.1%と大きく下げており、ついで、魚介類-1.8%、飲料-1.4%と、これらの3部門がマイナスとなっています。今回の解説では-2.0%以下と+2.0以上を色分けし、一目で判別できるようにしました。特に、全体が-3.1%と大きくマイナスになった果物ですが、りんごB-8.3%、いちご-7.7%、オレンジ-5.4%と、これらが全体を引き下げたといえます。一方、+3.1%と大きくプラスになった野菜・海藻ですが、ねぎ44.4%、じゃがいも31.0%、ほうれそう28.1%、だいこん24.9%と、これらが大きくプラスとなり、全体を押し上げています。その他の分類ですが、マイナスは、穀類-1.1%、魚介類-1.8%、乳卵類-0.7%、油脂・調味料-0.7%、飲料-1.4%、酒類-0.2%です。一方、プラスは、肉類1.0%、菓子類1.0%、調理食品0.0%、外食0.0%です。消費者物価指数、当面、マイナス状況は続くといえ、消費者にとっては物価が下がることはプラスといえます。ただ、経済としては、小売業をはじめ、デフレは厳しい経営環境といえ、この結果を踏まえ、3月以降、政府、日銀がどのような金融、財政政策を打ち出すのか、注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #物価 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,910人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 21, 2021 | | Comments (0)

March 20, 2021

株価速報、食品スーパー、3月19日、好調!

PI研のコメント(facebook):
・3/19時点の食品スーパーの株価速報です。この日、日経平均は黒田日銀総裁のETFの下限撤廃発言等があり、29,792.05円、-1.41%の下落となりました。一方、食品スーパーの方は対照的な動きとなり、1.0%の上昇、平均2557円となりました。ベスト5を見てもオークワ2.6%、オリンピック2.4%、アークス2.4%、PLANT2.2%、大黒天物産2.1%といずれも2.0%を超え、先週のベスト5と比べても大きく上昇、好調な株価となりました。新型コロナウイルスの緊急事態宣言の解除が決まったこともあり、これまで客単価アップに支えられてきた食品スーパーが客数のマイナスをプラスに転じ、業績がさらに上向くのではないかとの投資家の期待感が株価を押し上げたと思われます。ベスト5以外にも、軒並み株価は上昇、32社中、26番目までプラスの株価となり、大半が上昇したといえます。先週の株価と比べると、さらにこの傾向は鮮明であり、32社中、31社がプラス、しかも、上位企業は大きくプラスと異常な株価上昇といっても良いといえます。このような中で先週と比べ最も大きく株価が伸びた企業はアクシアルRであり、400円上昇、5,220円となりました。特に、3/19は、この9ケ月間で売買高が最大となっており、投資家が殺到しているといえます。しかも、この1週間、右上がりの株価となり、ボリンジャーバンドの上値圏にぶつかる勢いです。この傾向は他の食品スーパーでも見られますので、投資家は食品スーパーを買いと判断しており、食品スーパー全体が株価上昇局面い入っているといえます。食品スーパー、投資家から注目を集める業種となり、来週以降も引き続き株価の上昇が続くのか、投資家がどう判断するか、注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株価 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,910人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 20, 2021 | | Comments (0)

March 19, 2021

売上速報、DgS、HC、コンビニ、百貨店、2月度!

PI研のコメント(facebook):
・売上速報、2021年2月度、食品スーパー以外の業態、ドラックストア、ホームセンター、コンビニ、百貨店を集計しました。食品スーパーもそうですが、2月度、営業日数が閏年の関係で1日少なく、これが響き苦戦しています。ただ、業態によってはその影響度合いがまちまちとなっています。最も影響度が小さかった業態はホームセンターと百貨店でした。特に、ホームセンターは12社の単純平均ですが、101.5%と昨対をクリアーしています。中でもアークランドサカモトは111.5%と2桁増です。ホームセンターは集計12社すべて客数、客単価を公開していますが、これを見ると、客単価は高値水準で推移しており、新型コロナウイルスの新状態が定着したといってよさそうです。ついで、堅調な業態は百貨店ですが、ここでは5社を集計しましたが、1月度よりも数字が上向いており、かつ、ここ数ケ月では最高の数字、90.8%にまで回復しています。各社の動向も大きな差はありませんでの、全体的に百貨店は回復基調に入ったようです。これ以外では、コンビニは横ばいで大きな動きはなかったといえます。この2月度、最も大きな変化があったのはドラックストアといえます。全部で13社を集計しましたが、91.5%、しかも、上位と下位では大きな差があります。Genky DrugStoreが筆頭、唯一の昨対越え、108.9%ですが、これ以外の企業はすべて昨対を割り、13番目のココカラファインは82.7%と厳しい数字です。また、この数ケ月の推移を見ると、売上高の伸び率が右下がりであり、来月以降もどこまで回復するか、気になるところです。この2月度は、食品スーパーも含め、売上高の失速がありましたが、原因が閏年と明確ですので、3月以降は回復すると思われます。次回、3月度、各業態がどこまで回復するか、注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #閏年 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,910人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 19, 2021 | | Comments (0)

March 18, 2021

売上速報、食品スーパー、2月度、失速!

PI研のコメント(facebook):
・2月度の食品スーパー、24社の既存店の売上速報を集計しました。結果ですが、単純平均で99.4%、先月、1月度が108.4%ですので、失速です。昨対100%を超えた企業は成城石井106.0%、ベルク104.6%、カスミ103.2%、ヤマザワ102.9%、ヤオコー100.7%、アクシアルR100.5%、マルミヤストアグループ100.3%、ハローズ100.1%です。2月度は閏年との関係もあり、今期は1日営業日数が少なく、この影響が大きいといえいます。一般に、売上高は客数×客単価であり、客単価は売上高/客数ですので、客数は直接、売上高に響きますが、客単価は客数で除されるため、客数の影響は少ないといえます。したがって、来月以降を予想する場合、現状の客単価の動向がポイントとなります。2月度の既存店の客単価は108.2%、前月度は112.8%でしたが、平均すると110%前後で推移していますので、この2月度も客単価については大きな変化はないといえます。結果、来月以降、客数が正常に戻れば、売上高は上昇に転じますので、恐らく、3月以降は堅調な売上高で推移すると思われます。こう見ると、新型コロナウイルスの影響により、いわゆる新状態が定着したといえ、今回、2月度の結果は一時的な失速と思われます。食品スーパー、2月度決算が大半ですので、この2月度は決算月といえます。来月から大半の食品スーパーが新年度を迎えますが、新状態が今後ともしばらくは継続してゆくといえ、各社が客数の回復を図りつつ、客単価アップにどう取り組むんでゆくのか、各社のマーチャンダイジング戦略に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #スーパーマーケット 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,900人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 18, 2021 | | Comments (0)

March 17, 2021

JMHD、7月期、第2四半期決算、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
・JMHD、ジャパンミートホールディンスが3/15、2021年7月期の第2四半期決算を公表しました。結果は売上高が5.4%増、営業利益が91.2%増となる増収、大幅増益の好決算となりました。原価、経費、共に改善し、ダブルで利益を押し上げたことが好決算につながったといえます。JMHDはスーパーマーケット事業として、5つの業態を展開しています。ジャパンミート生鮮館、ジャパンミート卸売市場、パワーマート、食肉卸売センターMEATMeet、肉のハナマサですが、現在、88店舗、売上高は30,544百万円(6.2%増)と堅調な伸びを示しています。気になるのは通期予想です。売上高が-2.1%、営業利益が-20.1%とマイナス予想であり、それだけ、新型コロナウイルスの影響が大きいと想定していると思われます。株価を見ると、決算発表のあった3/15は若干下げましたが、翌、3/16は反発、投資家は買いと判断したようです。一方、BS、貸借対照表の方ですが、買掛金の134.4%を除き、大きな変化はないといえます。ただ、これについては、「四半期末日が金融機関の休日であったことによる買掛金の未決済分増加の影響」によるものであり、一時的な増加といえます。結果、全体としてはBSは安定した数字といえます。JMHD、後半、現時点で利益減が予想される中、どのように利益の確保をはかってゆくのか、5つの業態、さらなるM&A等、今後の動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ジャパンミート 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,900人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 17, 2021 | | Comments (0)

March 16, 2021

神戸物産、2021年10月、第四半期、増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・神戸物産が3/15、2021年10月期の第1四半期決算を公表しました。結果は増収、大幅増益の好決算となりました。2/26の日本経済新聞に「宮崎県内に同日、初出店し、全47都道府県に展開したと発表」と報道されましたが、業務スーパーの全国展開が完了したとのことです。現在、店舗数は900店舗となっています。今期の決算では、P/L、BSともに異変が起こっています。その理由は、「株式会社クックイノベンチャー、株式会社ジー・コミュニケーション、株式会社ジー・テイスト及びその他連結子会社11社について、2020年4月1日をみなし売却日として連結の範囲から除外」と、連結から11社外れたことによります。売上高も主力業態の業務スーパーは16.6%増でしたが、全体が4.2%にとどまった要因もここにあります。また、原価、経費、特に経費が44.5%と激減したのもこれが要因です。気になるのは通期予想です。売上高が0.0%、営業利益も4.0%にとどまっており、新型コロナウイルスの影響もさることながら、この子会社が連結から外れたことが大きいと思われます。一方、BS、貸借対照表の方ですが、こちらは現預金の減少と買掛金の減少が大きいですが、これも、連結との関係と思われます。これを受けて、株価ですが、ここ数ケ月間、低調に推移していましたが、ここ1週間、決算を意識してか、上昇基調で推移しています。現状、株価は3,030円、PERは40.90倍、PBRは11.33倍と、極めて高い水準であり、割り高感が大きいといえます。この決算結果を受けて、投資家はどう評価するか、しばらくは連結の問題で数値が落ち着くまで時間がかかりそうで、判断が難しいと思われます。神戸物産、今後、業務スーパーが新型コロナウイルス感染症の先行きが見通せない中、さらに成長を続けてゆくのか、次の四半期、中間決算のゆくへに注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #神戸物産 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,900人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 16, 2021 | | Comments (0)

March 15, 2021

新規上場、アイスコ、食品スーパー、NASDAQ、4月8日!

PI研のコメント(facebook):
・アイスコ、久々の食品スーパーを展開する企業のJASDAQへの上場です。神奈川県で10店舗を展開する食品スーパーですが、メインはアイスクリームと冷凍食品の卸会社です。NASDAQへの上場日は4/8ですが、3/5のニュースリリースで正式に上場が承認されたと発表がありました。ここでは昨年度、2020年3月期の本決算を取り上げました。その結果ですが、残念ながら増収とはなりましたが、利益はいずれの段階でも大幅な減益と厳しい結果です。原価は若干改善しましたが、経費が増加、利益を圧迫したことが要因といえます。アイスコの食品スーパーの売上げですが約90億円、したがって、1店舗当たり、10億円弱となります。また、店舗面積はいずれも150坪から320坪の範囲内とのことですので、大規模小売店舗立地法で定める1,000平米には満たず、食品スーパーとしては小型店といえます。約10年前の2009年に買収した食品スーパーから、新規事業としてはじまったそうです。それまではアイスクリームと冷凍食品の卸業であり、現在も、3/4の売上構成比と、メイン事業となっています。したがって、食品スーパー事業は1/4の売上構成比といえます。決算内容ですが、粗利が18.6%ですが、これはメインのフローズン事業が15.86%で、食品スーパーの26.20%と相殺した数字となています。食品スーパーの26.20%は業界平均よりやや高い数字ですので、ディカウントタイプではないといえます。強みは生鮮食品にあるとのことで、毎日、青果と鮮魚を市場から仕入れ、その日の内に店頭に並び販売とのことです。この決算結果を見る限り、営業利益率が0.4%と厳しい状況ですので、上場後も厳しい経営が続くと思われます。また、自己資本比率も13.4%で、有利子負債も総資産の31.7%と財務を圧迫していますので、上場により、調達した資金を財務改善と経営改善にどう配分するかが課題となりそうです。アイスコ、4/8、投資家がどう評価し、どのような株価、初値がつくか、その結果に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #上場 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,900人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 15, 2021 | | Comments (0)

March 14, 2021

サトウ食品、第3四半期、増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・包装餅と包装米飯のサトウ食品が3/9、2021年4月期の第3四半期決算を公表しました。結果は増収、大幅増益となる好決算となりました。特に、利益はいずれの段階でも約2倍となる大幅増益です。原価、経費ともに改善し、ダブルで利益を押し上げたことが大きいといえます。サトウ食品の事業は包装餅と包装米飯に2分されますが、売上構成比もほぼ按分、バランスの良い事業展開といえます。しかも、今期は包装餅が7.5%増、4期連続で過去最高売上高を更新、包装米飯が10.9%増、10期連続で過去最高売上高を更新と、両事業ともに好調です。それだけ、新型コロナウイルス感染症による巣ごもり消費が大きなプラス効果をもたらした結果と思われます。特に、包装餅では、「SNSでの拡散により話題となっている「アマビエ」をモチーフとしたパッケージ商品を新たに追加したことも市場に広く受け入れられ、・・」と、時宜を得た販促や、「段ボールを開封するとそのまま商品の陳列ができる「らくらくパッケージ(SRP対応段ボール)」を新たに採用、・・」などが小売業に受け入れられた結果といえます。ただ、これだけの好決算であるにも関わらず、株価は決算発表後、下げに転じており、投資家は売りと判断したといえます。通期予想が控えめな予想であり、長引く、新型コロナウイルス完成症の影響が読めないと判断したのではないかと推察されます。サトウ食品、残り四半期ですが、今期は好決算が期待されますが、この好調さを来期も継続できるか、投資家は厳しい見方をしているといえますが、サトウ食品の今後の動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #サトウのご飯 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,890人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 14, 2021 | | Comments (0)

March 13, 2021

株価速報、食品スーパー、3月12日、低調!

PI研のコメント(facebook):
・食品スーパー、3/12時点の株価速報です。この日、日経平均は29,717.83円、+1.73%、5日、26週ともに上昇と、上向きつつある中でしたが、食品スーパーはやや低調な株価だったといえます。ベスト5はライフコーポレーション2.0%、ベルク1.0%、アオキスーパー0.8%、ダイイチ0.7%、大黒天物産0.6%でした。先週のベスト5の5番目が1.4%でしたので、前日比では伸び悩んだといえます。ただ、先週のSM平均2,390円に対して、今週は2,490円でしたので、先週と比べると、上昇しています。実際、個々の企業を比較して見ると、大半が先週より上昇していますので、前日比では低調ですが、先週比では堅調な伸びといえます。ちなみに、PER、株価とP/Lとの関係ですが、平均が22.3倍、ベスト5はいずれも低く、低PERに投資家は注目しているようです。同様にPBR、株価とBSとの関係ですが、平均が1.5倍ですが、ベスト5はまちまちですので、この日はPERの方に投資家の関心が高かったようです。今週、注目の企業ですが、先週の株価と比べ最も伸び率が高かったのが大黒天物産です。そこで、大黒天物産の株価をさらに掘り下げて見ると、この1週間、急上昇しており、ボリンジャーバンドの上値圏に迫っています。この上値圏は株価の平均に標準偏差の3倍を足した線ですので、投資家が積極的に買いに入っているといえます。現状6,430円、PERは19.56倍と平均に近い数字ですが、PBRは2.32倍と高く、割高感はありますが、上昇基調であり、来週以降の株価の推移が気になるところです。日経平均も再び3万円を目指しつつあるといえ、来週の食品スーパーの株価の動向にも注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株価 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,890人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 13, 2021 | | Comments (0)

March 12, 2021

字幕あり:PI値って何? その7、掛けちゃえ!

PI研のコメント(facebook):
・PI値って何、その7、掛けちゃえ!の解説です。この、その7をもって、ひとまず、PI値って何?のシーズン1が終了となります。このシリーズの最後は掛けちゃえ!ですが、ここでは価格を掛けちゃえのことです。PI値は何を掛けることも可能です。ここでは価格ですが、原価を掛けることも、粗利を掛けることも、経費、たとえば人件費などを掛けることも可能です。いずれもPI値ですが、数量PI値ではなく、金額PI値、粗利PI値、人件費PI値など、掛けるものによって無限にPI値をつくることができます。基本のPI値は数量/客数ですので、ここに価格を掛ければ、数量×価格が売上高となりますので、これを客数で割れば金額PI値、すなわち、客単価となります。ちなみに、客単価は店舗全体の客単価が一般的ですが、客単価はこのように単品にも存在します。単品、1万品の客単価を足すと、店舗全体の客単価、2,000円、2,500円等に集積されていきます。一方、分母、この客数も変えることによって、PI値はさらに変化します。たとえば、客数の代わりに、尺数を入れれば尺当たり数量、売上等を算出することができ、面積を入れれば、同様に坪効率を算出することも可能です。要は、比較したいものを単位当たりにする技がPI値ですので、応用は様々です。売上アップを目指すのであれば、客単価、生産性を改善するのであれば尺効率など、目的によって使い分けてPI値そのもの、あるいは分母、分子を変形して使えばよいといえます。今回は価格を掛けちゃえですので、客単価をどうするかがポイントです。客単価をアップするには、この解説のように、PI値と価格、この絶妙なバランスをとってゆくことがポイントです。PI値だけであれば、一方通行、ひたすらPI値アップを追求すれば良いのですが、売上高、あるいは粗利、尺効率となると、掛けた一方の指標とのバランスをどうとり、目的を達成していゆくかが求められます。したがって、バランス感覚が求めれれることになります。また、一方で、双方が自らの努力によって改善できるものであれば良いのですが、往々にして、一方は自らの力ではどうにもならないことが良くあります。今回の場合は価格ですが、これは商品部が90%は決定権をもっている場合が多く、現場では見切り等の10%ぐらいしか裁量権がない場合がほとんどです。したがって、価格政策でPI値アップをはかるには、商品部の協力が不可欠であり、しかも、一時的な価格ではなく、EDLP、永続的な価格政策が必須となり、これは企業の総力をあげて取り組まなければ価格は下がらないということになります。したがって、現場できること、本部の協力が必要なこと等を仕分けして、客単価アップには取り組むことが要諦といえます。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #客単価 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,880人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 12, 2021 | | Comments (0)

March 11, 2021

字幕あり:PI値て何? その6、PI値アップ手法!

PI研のコメント(facebook):
・PI値って何?、その6ですが、今回はPI値のアップ手法を取り上げます。PI値はその商品固有の強さを表しており、上限に限界はありますが、やりようによっては現状のPI値を大きく改善することは可能です。どこまで上がる可能性があるかは、過去のPI値(時間比較)、他店のPI値(店舗比較)をもとに目標を決めて取り組むことがポイントです。では、どのようにPI値アップに取り組むかですが、そのためにはPI値の数式、原理を理解しておくことが肝要です。PI値は数量/客数ですが、PI値があがるとは、数量が増えることといえますが、通常活用するPI値の客数は店舗全体の客数といえます。店舗全体の客数はその商品を購入している顧客もいれば、購入していない顧客も合わせての客数ですので、ここには膨大な未購入顧客が存在しています。どのくらいいるかというと、PI値の上位約200品は1%以上ですが、それ以外の商品はすべて1%以下です。したがって、ほとんどの単品は99%以上が未購入客であるのが実態です。したがって、この99%以上の未購入客に何らかの働きかけをすることによって、新たな顧客が生まれ、数量が増加し、PI値がアップするということになります。結果、数量のみではなく、客数に働きかけ、PI値をアップすることも可能であり、実務ではこちらの方が無限の可能性が広がっているともいえます。解説では、まず数量についても触れており、これは顧客が1個購入する場合もあれば、2個、3個購入する場合もあり、2個、3個、複数購入する機会を増やせれば、確実にPI値はあがるということを解説しています。また、ここでは、その手順にも触れており、最初は図の青、すなわち、既存顧客に確実に1個購入してもらうことを最優先に取り組み、その後、赤、既存顧客に2個以上購入と新たな顧客を増やすことを解説しています。これがPI値アップの手順であり、特に、既存顧客に確実に購入していただく=欠品を出さず、鮮度を高めることですので、ここは管理能力が問われるところで、商品担当者の修業が必要なところです。また、新たな顧客を産む方法としては、レイアウト、ゾーニングの改善がポイントであり、これにより、顧客の動線が変わり、新規顧客を誘発する流れをつくることができます。最後に、これらを整理すると内部要因と外部要因に分解できますので、これらを分けてPI値アップに取り組むことが要諦といえます。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #レイアウト 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,870人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 11, 2021 | | Comments (0)

March 10, 2021

字幕あり:PI値って何? その5、PI値1%基準!

PI研のコメント(facebook):
・PI値1%基準はいまから20年以上前に作ったはじめてのPI値の実践活用の基準です。当時、PI値をどう実践活用するか、いろいろ考え、ここにたどり着いたといえます。当時のPOSデータの活用はイトーヨーカ堂が業務改革で実績を上げていた単品管理全盛の頃で、いわゆる、死筋カット、POSデータをABC分析し、C商品を見直す視点、C商品に注目が集まっていました。そこで、PI値もC商品に活用できないかを検討したのですが、PI値はむしろAに着目すべきではないかと発想の転換を行い、POS分析から売れ筋、A商品を選定できる基準づくりに挑戦したのが発端です。いろいろ創意工夫し、PI値1%にたどりつき、現在でも通用するPI値の基準のひとつです。当時は関係先でPOS分析がはじまると、はじめにPI値1%の商品をピックアップし、その商品の徹底管理からはじめていました。ちなみに、A商品をPOSデータで当時仕分けする方法は構成比を使っていたのが実態です。上位何%以上はA商品とし、これを重点商品にするというものです。もちろん、構成比でもA商品の基準を作ることは可能ですが、PI値の場合の方が分かりやすいのと、どの店舗で分析しても、PI値1%は200から300品になることが経験上得られたので、こちらの方が実践的であっためPI値1%を当時は活用していました。それから20年以上たちますが、いまでも、この原理は破られていませんので、恐らく、日本のすべての食品スーパーで通用するのではないかと思います。このように、PI値は基準をつくってはじめて実践活用が可能ですので、この原理を理解できれば、誰でも自分の店舗でオリジナルな基準をPI値で生み出すことが可能です。注意点は、このシリーズのその7で触れる価格、あるいは粗利を考慮するとPI値が低くても価格が高く、結果、売上げが高い商品や、PI値は高いがもうからない商品が多くなるなど、商売という視点では価格、利益を考慮した取り組みが必須だということです。それからもう一点、いずれ、別のシリーズで取り上げたいと思っていますが、店舗の売れ筋はPI値1%ですが、顧客個人個人の売れ筋、すなわち、来店動機となるお気に入り商品はPI値の低い、いわゆるC商品が多いというのが事実です。これが食品スーパーが1万品、1店舗に品揃えしなければ顧客が継続して来店してもらえない根本的な理由ともいえます。PI値はその意味で、ひとつの視点を提示する指標ですので、実際の経営、マーチャンダイジングでは、価格、利益、ユニーク顧客の視点も取り入れてバランスよく商品、顧客とつきあってゆくことが要諦といえます。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #売上 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,860人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 10, 2021 | | Comments (0)

March 09, 2021

字幕あり:PI値って何? その4:店舗比較!

PI研のコメント(facebook):
・PI値って何?、その4、店舗比較についてです。PI値はPOS分析、ID-POS分析の基本指標のひとつですが、そもそもは比較のために生まれた指標ともいえます。これまで、その2で商品比較、その3で時間比較を取り上げましたので、今回、その4では店舗比較を取りあげます。このシリーズでは一貫してバナナを事例にPI値を解説していますが、今回もバナナを取り上げます。店舗は5店舗、京都店、広島店、札幌店、鹿児島店、東京店のPI値の違いをバナナで解説します。注目店舗は札幌店と鹿児島店です。この両店は対照的な店舗で、札幌店はこの5店舗の中で客数が最も多い、規模の大きな店舗です。これに対して、鹿児島店は最も客数が少なく、規模の小さな店舗です。この2店舗に注目してバナナのPI値を比較してみると、圧倒的に客数の少ない鹿児島店のバナナのPI値が高いことがわかります。このように、PI値は規模の大小、すなわち、客数の多寡では決まらない指標といえます。実際、様々な商品でPI値の店舗間比較をしてみると、ほとんど客数とは無関係であることがわかります。むしろ、客数の多い店舗の方がPI値が低いケースが多い場合が多々あります。PI値は、その意味で、客数の大小に左右されない指標といえ、様々な客数の店舗でPI値比較をすることが可能となります。この原理を活用し、全国PI値が誕生したという背景もあります。では、PI値は何によって変わるのかですが、これはかなり難しい問題といえます。たとえば、前回、その2で取り上げた価格との関係ですが、これも店舗間では必ずしも決定打とはならず、今回の5店舗の事例を見てもバナナの価格が低いからといってPI値が高いわけではないことがわかります。その要因は地域により、バナナの相場が違うためです。店舗のある地域のバナナの価格を見ないと、バナナの適正PI値は決まらないといえます。したがって、店舗のPI値はまずは商圏のバナナの価格を調査してから価格を決定し、PI値の比較をすることがポイントとなります。その意味では地域の値ごろを知ることができるといえます。また、これ以外にもバナナをどこで販売するか、店頭か平台か多段ケースかエンドかなど、販売場所によっても違いがあります。ポイントはPI値の変化を外部要因と内部要因に分け、変化の原因をつきつめ、店舗間比較をしてゆくことがポイントです。PI値は比較のための指標ですが、その前提条件をしっかり検討し、実践活用することが要諦です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #店舗 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,850人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 9, 2021 | | Comments (0)

March 08, 2021

クローガー、2021年1月度、本決算、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
・クローガーが3/4、2021年1月期の本決算を公表しました。アメリカの小売業は12月、1月決算が多く、クローガーは1月が決算期です。その結果ですが、売上高は108%、営業利益は124%となり、増収、大幅増益の好決算となりました。売上規模は約14兆円と、食品スーパーでは世界最大の規模といえます。まずは、P/Lですが、当期純利益が158%となり、営業利益の124%を超え、今期のクローガーの決算は空前の利益を計上しています。新型コロナウイルスが猛威を振るう真っ最中での決算ということもあり、注目の決算といえます。やや気になるのは原価は98%と改善し、粗利が23.32%と昨年の22.07%よりも改善しましたが、経費が107%と増加、結果、利益を圧迫、高では増益にはなりましたが、率では102%の増益と伸び悩みました。新型コロナウイルスによる人件費等の増加が経費を圧迫したものと思われます。一方、CF、キャッシュフローですが、営業CFは約7,000億円です。これを投資CFと財務CF、そして、キャッシュをどのくらい残すかで今後の経営戦略が見えてきます。クローガーのCEOのRodney McMullen氏は、投資CFに約40%、財務CFに約40%、結果、約20%のキャッシュを温存するという決断をしています。新型コロナウイルスの今後の影響が読めない中、投資を控え、財務を改善し、キャッシュを温存したといえるキャッシュ配分といえます。結果、BS、貸借対照表を見ると、現預金が増加、有利子負債が減少、純資産比率が改善しています。極めて慎重なキャッシュの配分による経営の安定と今後のためにキャッシュの確保を図ったといえます。クローガーですが、今期は既存店が14.1%増加、また、デジタル売上げが116%と2倍以上に増加しています。約2,000ケ所の集荷拠点と約2,500ケ所の配送拠点を設けており、結果、商圏の98%をカバーしたとのこと、鉄壁の守りをこの新型コロナウイルス下で構築したといえます。では、この決算を投資家はどう判断したかですが、決算発表のあった3/4以降、株価は上昇、投資家はクローガーを買いと判断したといえます。クローガーの株価は現在34.4ドル、PERは16.8倍とあまり高くはありませんが、PBRが3.2倍と高く、投資家はP/Lと関係の深いPERではなく、BSと関係の深いPBRの方を重視しているといえます。クローガー、新型コロナウイスの中、経営の安定をはかり、デジタルの投資を強化、来期は急成長はないまでも、安定した堅実な結果をもたらすのではないかといえ、今後のクローガーの動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #Kroger 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,850人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 8, 2021 | | Comments (0)

March 07, 2021

字幕あり:PI値って何? その3:時間比較!

PI研のコメント(facebook):
・PI値って何? その3、時間比較の解説です。PI値は数量/客数で算出されるPOS分析、ID-POS分析の基本指標のひとつですが、そもそも、PI値は比較するために生まれてきた指標ともいえます。比較には3つあり、商品比較、時間比較、店舗比較です。商品比較については、その2で解説しましたので、ここでは、時間比較について解説します。時間にはいろいろな視点がありますが、最初に抑えるべきは前日との比較です。昨日のPI値が今日はどう変化したか、なぜ変化したか、ここを突き詰めることが最初のPI値を理解するためのステップです。これを繰り返すと週になり、月になり、年になりと、長時間のPI値の比較へと発展してゆきます。また、逆に、時間を縮め、時、分、秒という視点も重要です。このように、PI値はあらゆる時間で算出が可能ですので、ここを抑え、比較することがポイントといえます。では、なぜ、時間比較が重要かですが、それは、明日のPI値を予測するためです。明日のPI値が読めれば、店舗全体の客数は比較的読みやすいですので、PI値×客数で、明日の販売数量が予測できるからです。明日の販売数量が予測できれば、発注、仕入、在庫、品出し、販売と一連の商品管理がスムースに連動し、生産性の向上につながります。それ以上に、顧客から見れば、いつ来店しても欠品がなく、鮮度の良い商品を購入でき、来店頻度の向上につながり、結果、売上増にもつながってゆきます。したがって、PI値を時間比較することは、売上、利益に直結するキーであるといえます。今回の事例はこれまで取り上げていたバナナですが、明日のPI値を読むためにもうひとつ重要なポイントがあります。価格です。データをグラフにして見ると、一目瞭然ですが、PI値と価格はバナナに限らず、多くの商品で密接な関係があり、価格抜きにはPI値の予想は不可能といっても良いくらい、最重要なPI値の変動要因といえます。バナナ100円の時のPI値は8%前後、150円の時のバナナのPI値は2%前後と、グラフを見ると明確な傾向が読み取れます。このように、価格はPI値を予想する上では、はずせない要素であるといえ、PI値の時間的な推移における変化の要因として見ることがポイントといえます。このようにPI値の予想には時間の視点をいれつつ、その変化の要因を突き止め、精度の高い予想がポイントといえます。今回のバナナの場合は価格が最優先の要因ですが、これ以外にも様々な要因を考慮し、明日のPI値の予想精度を高めてゆくことが課題といえます。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #発注 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,850人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 7, 2021 | | Comments (0)

March 06, 2021

株価速報、食品スーパー、3月5日、堅調!

PI研のコメント(facebook):
・3/5時点の食品スーパー、上場企業32社の株価速報です。この日、日経平均は28,864.32円、-0.23%とマイナスとなり、厳しい株価となりました。5日移動平均も-1.43%のマイナス、短期的には株価は下がっていますが、26週移動平均は+10.07とプラスですので、長期的には依然として上昇基調です。このような中で、SM平均は2,390円と+0.5%上昇しており、日経平均とは対照的な動きです。実際、先週とベスト5を比べると、オークワ2.8%、マックスバリュ東海2.3%、ベルク1.8%、アークス1.4%、ヤオコー1.4%と高い伸びであり、先週のスーパーバリュー0.4%、天満屋ストア0.0%、ヤマザワ-0.1%、トーホー-0.4%、アオキスーパー-0.5%と比べても堅調な伸びであるかがわかります。今週、3/5時点の全32社の株価動向ですが、25番目が0.0%ですので、大半がプラスとなっています。6番目以降ですが、JMHD1.4%、アルビス1.3%、関西スーパーマーケット1.3%、天満屋ストア1.2%、エコス1.1%、以上がベスト10です。先週と全32社を比べて見ても、大半が大きくプラスになっていますので、食品スーパーは全体的に投資家から注目されているといえます。中でも、ベルクは先週と比べ大きく伸びています。ここ数週間、ベルクの株価は横ばいからやや下げていましたが、この1週間は反発しており、売買高も大きく上昇、投資家が買いに動いています。食品スーパー、全体は厳しい中でも堅調な伸びですので、来週以降、さらに株価が上昇してゆくのか、注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株価 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,840人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 6, 2021 | | Comments (0)

March 05, 2021

字幕あり:PI値って何? その2:商品比較!

PI研のコメント(facebook):
・PI値って何?、その2、商品比較を取り上げます。PI値はPOS分析、ID-POS分析の基本指標のひとつですが、そのポイントは比較にあります。特に、重要な比較は3つ、商品比較、時間比較、店舗比較です。この3つの比較にPI値を活用することによって、マーチャンダイジング力は飛躍的にアップすることになります。商品比較は店舗全体の客数で割ったPI値を使うことが最優先です。店舗の客数を分母にすると、すべての商品をPI値のみでランキングすることが可能となります。一般的に食品スーパーは約1万品、コンビニは約3000品、売場に商品がありますが、この一品一品を店舗の客数で割ってPI値を算出すると、すべての商品のランキングがPI値で見ることができます。この動画の事例ではバナナと他のバナナ、バナナと他の果物、リンゴとアボガド、バナナと野菜、きゅうりともやしを取り上げましたが、約1万品すべてをランキングすることも可能です。また、PI値は店舗の客数以外にも様々な客数で割って算出できますが、ランキングをつけたいときは同一概念、ここでは店舗全体の客数で割ることがポイントとなります。事例では、単品の客数で割ったきゅうりも取り上げましたが、単品の場合、よく活用するのは商品開発です。この事例ではきゅうりを単品の客数で割ったPI値が2.803となりました。これはきゅうりを購入する顧客はきゅうりを約3本づつ購入している顧客が多いということを示しています。結果、きゅうりのマーチャンダイジングはこの事例のばら売りでの販売もさることながら、3本パックの商品開発も顧客視点から重要であるとの示唆をPI値が示しているといえます。このように、店舗の客数に加え、単品の場合は単品のPI値の活用もポイントといえます。店舗全体の客数を分母にした場合のPI値ですが、店舗内の商品ランキングが鮮明になりますので、特にPI値が高い商品は来店顧客の関心の高い商品ですので、必然的に他店、競合店と比較購買している可能性が高く、マーチャンダイジング上は絶対に欠品を出せない商品、すなわち、最重点商品の判断基準ともなります。このように、商品比較にPI値を活用すると、即、マーチャンダイジングの改善につながりますので、この事例を参考にして、大いにPI値を活用して欲しいと思います。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #新商品 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,840人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 5, 2021 | | Comments (0)

March 04, 2021

新店速報、HC、DS等、2021年1月、5店舗!

PI研のコメント(facebook):
・新店速報、ホームセンター、ディスカウントストア等、2021年1月度となります。ここでは食品スーパー、ドラックストアを除く小売業の新店速報ですが、1月度は5店舗でした。この新店速報は毎月、経済産業省が大規模小売店舗立地法に基づき、1000㎡(約300坪)以上の小売業の新店の届け出状況を公表しており、今回は3/1に公開された最新、1月度の新店速報となります。ちなみに、全部で32店舗ですので、5店舗は約15%となります。最多の業種は食品スーパーで16店舗、約50%、ついで、ドラックストアで11店舗、約30%ですので、この2業態が大規模小売店舗の代表的な業態といえます。さて、1月度の状況ですが、ダイレックスが3店舗、ヤマダデンキが1店舗、サンデーが1店舗の合計5店舗です。では、昨年4月からこの1月までの累計で見ると、No.1はダイレックスの13店舗、ついで、ニトリの8店舗、コメリの6店舗、コーナン商事の4店舗、ケーズデンキの4店舗、ナフコの3店舗となります。さらに、2店舗ですが、エディオンの2店舗、カインズの2店舗、ネクステージの2店舗、そして、ビバホームの2店舗です。以上が複数店舗、新規出店をこれまでに申請した企業となります。1000㎡を越える小売業の成長業態は食品スーパーとドラックストアが一つ抜けていますが、ついで、ディスカウントショップ、ホームセンターが続くといえます。ひところのGMS、そして、百貨店が成長を牽引した時代は小売業界では様変わりしたといえます。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ホームセンター 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,830人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 4, 2021 | | Comments (0)

March 03, 2021

新店速報、ドラックストア、2021年1月、11店舗!

PI研のコメント(facebook):
・ドラックストアの新店速報、1月度、最新となります。3/1に経済産業省が大規模小売店舗立地法にもとづく1000㎡(約300坪)以上の小売業の新店の届け出状況を公表しました。結果は11店舗となります。1月度は32店舗の新店の届け出がありましたので、約30%です。ちなみに、食品スーパーは15店舗、約50%のシェアですので、ドラックストアと合わせると、この2業態で約80%のシェアとなります。さて、その11店舗ですが、ドラッグストアモリが5店舗、コスモス薬品が4店舗、クスリのアオキが2店舗と、3社で合計11店舗です。この3社は年間でも大量の新規出店を申請しており、最多となるのがコスモス薬品62店舗、ついで、クスリのアオキ34店舗、ドラッグストアモリの20店舗となり、この3社が出店数ではドラックストアを含め、全業態でベスト3の企業となります。それにしてもコスモス薬品の新店開発は凄まじく、毎月10店舗前後を出店しています。この3社についで、ツルハ9店舗、ウエルシア薬局7店舗、ザクザク5店舗と続きます。ドラックストア、寡占化がますます進み、新規出店に加え、M&Aが激しくなりつつありますが、今後、成長著しいトップ3を含め、各社がどのような新規出店戦略を打ち出すのか、注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #新店 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,830人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 3, 2021 | | Comments (0)

March 02, 2021

新店速報、食品スーパー、2021年1月、16店舗!

PI研のコメント(facebook):
・食品スーパーの新店速報、最新、2021年1月度となります。3/1に、経済産業省が大規模小売店舗立地法にもとづく、1000㎡(約300坪)以上の店舗の届け出状況を公表しました。全部で32店舗ですが、その中から食品スーパーに絞り、集計しました。1月度の食品スーパーは16店舗となります。全体が32店舗ですので、ちょうど50%のシェアとなります。その企業ですが、カスミ、カネスエ商事、スーパーアルプス、マックスバリュ西日本、ツルヤ、イオン九州、ヨークベニマル、ププレひまわり、イオンリテール、万代、フレッセイ、エブリイ、紅屋商事、よこまち、アルビスとなります。この内、ヨークベニマルは2店舗の新規出店ですので、全部で15社16店舗が食品スーパーのこの1月度の新規出店となります。ちなみに、1月に新規出店の届け出をすると、オープンは9月前後となり、約8ケ月がその準備期間となります。では、昨年の4月から、この1月度までの累計を見てみると、最多出店の企業はハローズの6店舗です。ついで、ヤオコーの5店舗、マルハチの4店舗、イオンリテールの4店舗、ライフコーポレションの3店舗、ヨークベニマルの3店舗、大黒天物産の3店舗、コストコの3店舗、アルビスの3店舗、イオン九州の3店舗、カネスエ商事の3店舗、エブリイの3店舗となります。ついで、2店舗ですが、オーケー、かましん、サミット、スーパーアルプス、東武ストア、トライアルカンパニー、フジ、フレッセイ、ベルク、マックスバリュ西日本、ツルヤとなります。食品スーパー、新型コロナウイルスによる影響もありましたが、ここへ来て、再び、新規出店が増えつつあり、次回、2月度、各社がどのような新規出店を打ち出すのか、注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #スーパーマーケット 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,820人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 2, 2021 | | Comments (0)

March 01, 2021

字幕あり:PI値って何? その1!

PI研のコメント(facebook):
・これまで約300本の動画をアップしてきましたが、はじめて、PI値の用語解説を試みました。PI値は約30年ぐらい前に2冊本を出版し、それ以来、実践活用してきた指標ですが、意外ですが、真正面から取り上げたことはあまりなく、その後、平均単価を加えた金額PI値に関心が移り、ID-POS分析のユニーク客数を活用したID客数PI値、すなわち、頻度に関心が移り、最近ではAIを活用し、併売、リフト値へと関心が移っているため、その原点のPI値を基本から取り上げることはなかったといえます。今回、改めてPI値を取り上げてみると、やはりここがPOS分析の原点であり、ここをしっかり押さえておくことが重要であると再認識しました。あまり欲張らず、ひとつひとつ、時間をかけて、PI値を解説してゆこうと思います。今回はその1として、まずは、PI値の実例をバナナで示し、それをもとに、改めてPI値のポイントをまとめたところで、留めました。恐らく、解説が十分でないところが多々あると思いますので、そこは追って、さらに解説動画を追加したいと思います。また、その2以降も、現時点で、その7までテーマは用意していますので、順次、急がずに、じっくり構想を練り、的確な事例を選定し、わかりやすい解説を試みたいと思います。PI値はこの30年でほぼ小売業界に定着し、POS分析、ID-POS分析の基本指標のひとつとして実践活用が進み、自動発注等にも応用が進んでいます。小売業の方はほぼ毎日目に触れる指標のひとつかと思いますが、その本質、応用、活用等が十分にできていないケースも多々あります。PI値は誰でもオリジナルなPI値を作ることが可能ですし、その活用も工夫次第で、用途は無限といえます。今回、この動画を通じて、PI値の本質を理解し、オリジナルなPI値の実践的な活用につなげていただければと思います。ちなみに、POSデータをCSVでお送りいただければ、PI値を算出して、お返ししますので、ご興味のある方はリクエストください。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #客単価(PI値) 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,820人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

March 1, 2021 | | Comments (0)