« スーパーマーケット販売統計調査、3月、95 9%! | Main | アオキスーパー、2021年2月期本決算、増収、大幅増益! »

April 24, 2021

食品スーパー、株価速報、2021年4月23日、低調!

PI研のコメント(facebook):
・4/23時点の食品スーパー、33社の株価速報です。ベスト5は、PLANT2.8%、JMHD2.3%、ベルク2.0%、大黒天物産1.2%、トーホー0.9%でした。先週のベスト5とはすべて入れ変わりました。全33社の平均株価ですが、2,544.85円、4.1円増、0.06%アップです。日経平均が29,020.63円、-0.57%ダウンですので、若干ですが、上昇して終えました。この日、日経平均の5日移動平均は-0.27%、26週移動平均は+4.03%増ですので、短期ではマイナス、長期では若干プラスと、ここへ来てやや厳しい推移です。食品スーパーも低調ですが、若干プラスですので、2月期決算が終わった直後であり、投資家は冷静に株価を見ているといえます。全33社中、上昇した株は18社、19番目以降がマイナスですので、約半分強がプラスといえます。PER、PBR、どちらの視点が強いかですが、この日の株価を見る限り、どちらも重視しているとはいえず、まちまちといえます。このような状況の中、先週と株価を比較してみると、PLANT、ベルク、大黒天物産、ヤオコー、ライフコーポレーション、神戸物産の株価が大きく上昇しています。中でも、ヤオコーは3月決算ですので、この時点で投資家の期待を集めているといえ、注目です。そこで、ヤオコーの株価をさらに掘り下げてみます。過去9ケ月間のヤオコーの株価を見ると、ここ数ケ月はほぼ横ばいで推移していますが、この数週間を見ると、上昇基調で推移しています。さらに、ボリンジャーバンドの上値圏を追っている動きですので、投資家は買いと見ているようです。ヤオコーのこの日の株価は7,210円、PERは22.05倍、PBRは2.39倍と、いずれも食品スーパーの平均を上回っており、割り高感があります。ヤオコーの決算発表は5/10を予定しており、まだ先ですが、投資家の期待は高いといえ、今後、どこまで株価が上昇するか、気になるところです。食品スーパー、今後、2月度決算の公表はほぼ終了し、3月度決算のゆくへに投資家の関心が集まってきていますが、ヤオコーをはじめ、3月度決算の株価の動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株価  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,020人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 24, 2021 |

Comments

Post a comment