« コメリ、3月期本決算、増収、大幅増益! | Main | アマゾン、第1四半期決算、大幅増収増益! »

May 02, 2021

株価速報、食品スーパー、2021年4月30日、低調!

PI研のコメント(facebook):
・4/30時点の食品スーパー、33社の株価速報です。この日、ベスト5はバローH1.2%、オリンピック0.9%、マミーマート0.9%、JMHD0.8%、ダイイチ0.7%でした。先週のベスト5と共通の株価はJMHDのみであり、残りは入れ替わっています。また、先週と比べると、伸び利率が低く、先週も低調な株価でしたが、今週も引き続き、低調さが続いています。食品スーパー33社の平均も2,465.50円、-0.46%と前日比マイナスです。ただ、日経平均も28,812.63円、-0.83%ですので、日経平均よりは若干高い数字ですが、それもでもマイナスですので、低調な株価といえます。ちなみに、日経平均の5日移動平均は-0.64%、26週移動平均は+2.46%ですので、短期的には厳しい局面が続いていますが、長期的にはゆるやかな上昇基調が続いているともいえます。では、ベスト5以外の株価ですが、ハローズ、アルビス、マックスバリュ西日本、アオキスーパー、大黒天物産と続き、以上がベスト10となります。ベスト15の天満屋ストアまでが0.0%ですので、今週は半分以上の株価がマイナスです。ちょうど、現在、2月度決算企業の本決算の公表が終了し、3月度決算企業の本決算の公表が始まっていますが、これらの結果を踏まえての株価ですので、投資家は食品スーパーの本決算を厳しい視線で見ているといえます。ちなみに、先週と全33社を比較して見ると、上昇した株価は少なく、大半が大きく下がっています。上昇した主な株価ですが、アオキスーパー、マミーマート、北雄ラッキー、マックスバリュ西日本等と、わずかです。そのアオキスーパーの株価ですが、過去9ケ月間の日別動向を見てみると、本決算発表後、株価は下げに転じますが、この1週間は反転、上昇に転じています。決算結果を見ての投資家の買いではないようで、連休明けの動向が気になるところです。現状、アオキスーパーの株価は2,805円、PERは16.95倍と業界平均に近い数字ですが、PBRが0.75倍と1.00倍を大きく下回っており、割安感のある株価となっています。食品スーパー、2週連続、株価が低迷しており、連休明けには3月期決算が出揃いますが、投資家がどう評価するか、その結果に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,040人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

May 2, 2021 |

Comments

Post a comment