« ココカラファイン、3月度本決算、減収減益! | Main | オイシックス・ラ・大地、本決算、大幅、増収増益! »

May 18, 2021

マミーマート、9月期中間決算、大幅、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
・マミーマートが5/14、2021年9月度の第2四半期決算を公表しました。結果は売上高が12.3%増、営業利益が83.9%増と、大幅、増収増益の好決算となりました。特に、増益になった要因ですが、原価は若干上昇しましたが、それを大きく上回る改善が経費であったため、利益を押し上げたといえます。経費比率は21.1%ですので、業界屈指の低さです。コメントでも、「全部門でマニュアルを整備し、作業を標準化させ、仕事に人をつける体制を整えることで、従業員はこれまでの部門の垣根を越えて作業にあたり、必要に応じた適正人員配置」とのことで、いわゆるレイバースケジューリングが確立しています。また、「ローコストオペレーションづくりとして、販売促進方法を日替わり特売中心から、EDLP化することにより、値札の付替え工数や棚替え、品出し等、日々の売場変更にかかる作業工数の低減を図って」とのことで、EDLPの採用が大きいといえます。これを受けて、CF、BSですが、今期は、投資CFを控え、営業CFの79.5%と大半を財務CFに配分し、財務の安定化を図っています。結果、有利子負債が削減、現金も増加し、自己資本比率が昨年の46.3%から50.0%へと改善しています。マミーマートは現在、2業態、EDLP型の「新マミーマート」と広域集客、生鮮部門の専門的魅力を高めた「生鮮市場TOP」を展開していますが、今期は「生鮮市場TOP]を2店舗、新規出店し、成長を推し進めています。なお、通期予想ですが、売上高は1.0%増と微増、営業利益は-17.8%の減益であり、後半は厳しい予想となっています。では、投資家はどうこの決算を見たかですが、決算発表後、横ばいから微増となっており、今後の動向を冷静に見つめているといえます。現状、株価は2,300円、PERは9.06倍と低く、PBRは0.88倍と1.00倍を下回り、割安感のある株価となっています。マミーマート、残り、後半、どこまで収益を改善できるか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #マミーマート  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,090人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

May 18, 2021 |

Comments

Post a comment