« マツモトキヨシH、3月度、本決算、減収減益! | Main | マミーマート、9月期中間決算、大幅、増収増益! »

May 17, 2021

ココカラファイン、3月度本決算、減収減益!

PI研のコメント(facebook):
・ココカラファインが5/13、2021年3月度の本決算を公表しました。結果は売上高が-9.3%、営業利益が-22.4%となる、減収、大幅減益の厳しい決算となりました。特に、利益はいずれの段階でも大幅な減益、当期純利益は51.7%ですので、半減しています。その要因は、原価は97.3%と改善していますが、経費が110.0%と大きく上昇、売上高減と相まって、相対的に経費比率が下がったことが大きいといえます。これを受けて通期予想ですが、今期はマツモトキヨシHとの経営統合が10月に予定されていますので、9/29をもって上場廃止とのことで、中間決算までの公表となります。その数字ですが、売上高は0.7%、営業利益は40.1%と、利益は改善の兆しです。コメントでもマツモトキヨシHとの資本業務提携に言及、準備は着々と進んでいるようです。一方、CFとBSの方ですが、今期は営業CFが大幅減少、昨年のわずか17.4%となっています。これは減益の影響もありますが、今期は棚卸資産が支払いのズレもあったと思われ、大きく増加していることが要因です。結果、投資CFへの配分、財務CFへの配分が営業CF比では異常値となっています。投資CFは子会社株式取得にキャッシュを大きく配分、財務CFは配当に大半のキャッシュを配分、結果、現金は大きくマイナスとなっています。BSでも現預金が60.5%と大きく減少、有利子負債は総総資産比0.3%ですので、実質無借金ですので、自己資本比率は69.6%と高い水準を保っています。したがって、今期の厳しい決算結果であったにもかかわらず、財務状況は安定しています。これを受けて、投資家はどうこの決算を見たかですが、株価の動向を見ると決算発表後、売買高は上昇し、株価は下げに転じており、売りと判断したといえます。現状、株価は6,950円、PERは表示していませんが、PBRは1.47倍、ほぼ業界平均に近い数字であり、株価は割高感も割安感もない水準といえます。ココカラファイン、今後、マツモトキヨシHとの経営統合後、3,000店舗、1兆円の売上高を目指し、国内だけでなく、アジアNo.1の美と健康分野を目指すそうです。中間決算が予想どおり推移するか、経営統合へ向けての今後の動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ココカラファイン  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,080人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

May 17, 2021 |

Comments

Post a comment