« まいばすけっと、AI導入に着手、パン売場でPoC! | Main | アイスコ、2021年度、本決算、増収、大幅増益! »

June 05, 2021

食品スーパー、株価速報、6月4日、低調!

PI研のコメント(facebook):
・6/4時点の食品スーパー、上場企業33社の株価速報となります。この日、ベスト5はNo.1がトーホー2.4%、No.2がアイスコ2.1%、No.3が神戸物産2.0%、No.4がJMHD1.8%、そして、No.5がエコス1.3%でした。先週と比べて、やや低調な株価でした。33社の食品スーパーの平均ですが、2,369.91円、0.41%増で微増です。日経平均が28,941.52円、-0.40%でしたので、若干ですが、上昇基調でした。ちなみに、日経平均は5日移動平均が0.06%増、26週移動平均が0.82%増ですので、ここへ来て、伸び悩んでいます。食品スーパー全33社の状況ですが、6番目以降は、ダイイチ、マックスバリュ東海、PLANT、オリンピック、天満屋ストアと続きます。22番目のオークワが0.0%、23番目のイオンからマイナスとなり、約2/3がプラスですが、伸び率は低かったといえます。個々の食品スーパーを先週と比較すると、上位企業はプラス傾向が鮮明ですが、下位企業がまちまちです。今週、注目はNo.2のアイスコ、上位企業の中では先週と比べ、伸び率がトップです。アイスコですが、4/8に上場したばかりであり、まだ、約2ケ月です。上場時が最高値で2,700円弱でしたが、その後、株価は徐々に下がり、この3月決算ではさらに下がっています。その後は横ばいが続き、この1週間は上場気味で推移しています。現状株価は2,000円、PERは8.51倍、PBRは1.37倍ですので、どちらも食品スーパーの平均よりも下回っており、割安感のある株価といえます。ちなみに、アイスコはアイスクリーム事業と食品スーパー事業に取り組んでおり、来週以降、株価がこのまま上昇に向かうのか気になるところです。食品スーパー、全体的に低調な株価が続いており、今後も新型コロナウイルス感染症の先行き不透明感が続きますが、各社、どのような成長戦略を打ち出すのか、注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株価  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

New! AI入門セミナー:「 AI棚割り提案、商談に経糸(たていと)を!」     

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,150人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

June 5, 2021 |

Comments

Post a comment