« スーパーマーケット販売統計調査、6月度、98 9%! | Main | 食品スーパー、株価速報、2021年7月21日、堅調! »

July 23, 2021

イズミ、第1四半期決算、大幅増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・イズミが7/13、2022年2月度の第1四半期決算を公表しました。ここへ来て、ほぼ2月度決算の食品スーパーの第1四半期決算が出揃いましたが、大きく2つに分かれています。食品スーパー系は減収と厳しい結果ですが、GMS系は増益と好調です。昨年の新型コロナウイルス感染症の明暗が逆になったといえます。そのイズミですが、イズミは食品スーパーに加え、GMS、SC等の比重が高く、結果は大幅、増収、増益という好決算となりました。P/Lを見ると、原価は若干上昇しましたが、経費が90.6%と大きく改善、これが利益を押し上げたといえます。通期予想ですが、営業収益6.1%、営業利益2.6%と、この第1四半期決算の結果と比べると、失速感が否めず、気になる予想です。一方、CF、キャッシュフロ―とBS、貸借対照表ですが、前期が銀行の休業日であったため、昨年対比が大きく変わっています。CFでは仕入債務関係に異変があり、営業CFが異常値です。また、BSでは買掛金、現預金が異常値となっています。これらを相殺すると、ほぼ昨年と大きな変動はないといえ、財務は比較的安定しているといえます。イズミは、今期、DXに力を入れたとのことで、その柱となるアプリに投資をしています。「新「ゆめアプリ」には、バーコード決済やデジタルクーポン等の新機能を付加し、今後、個別販促の主なツールとして活用」してゆくとのことです。では、この決算結果を投資家はどう見たかですが、決算発表後、株価は大きく下げており、投資家は売りと判断しています。通期予想が厳しいこともあり、新型コロナウイルス感染症の今後の影響が読めないことによると思われます。現状、株価は3,810円、PERは11.61倍、PBRは1.17倍と、業界平均と比べるとやや低い水準であり、割安感のある株といえます。イズミ、第1四半期決算は好調ですが、この好調さを第2四半期以降も継続できるか、今後のDXの行くヘも含め、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ゆめタウン  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,210人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

July 23, 2021 |

Comments

Post a comment