« 食品スーパー、株価速報、7月16日、低調! | Main | 食品スーパー、売上速報、2021年6月度、低調! »

July 18, 2021

アオキスーパー、第1四半期決算、減収、大幅減益!

PI研のコメント(facebook):
・アオキスーパーが7/6、2022年2月期の第1四半期決算を公表しました。結果は営業収益が-9.1%、営業利益が-57.8%と、減収、大幅減益となる厳しい決算となりました。原価は93.1%と大きく改善しましたが、経費が108.6%とそれを上回る上昇となり、利益を圧迫したことが要因といえます。また、その他営業収入は103.3%と改善しましたが、結果、営業利益率は昨年の4.7%から2.2%、46.5%となり、大きく減少、率でも高でも厳しい決算となりました。それにしても、アオキスーパーの売上総利益率15.8%は極めて低く、業界屈指の数字です。また、経費比率も18.8%とこちらも業界屈指の低さです。これがアオキスーパーのEDLPを支える原動力といえます。ただ、結果、差し引き、マーチャンダイジング力は-3.0%と逆ザヤとなります。これを物流収入、不動産収入等のその他営業収入で補うわけですが、今期は極端な逆ザヤとなったため営業利益率を落としたといえます。これを踏まえて通期予想ですが、営業収益は-3.0%、営業利益は-53.0%と、厳しい予想です。コメントでも「当社を取り巻く経営環境は、食品の取扱比率を高めているドラッグストアや同業店舗間競争の激化、人件費の高騰や低価格志向などの生活防衛意識がこれまでにも増して強まることが予想され、引き続き厳しい状況が続くもの、・・」と、厳しく先行きを見ています。一方、BS、貸借対照表の方ですが、前事業年度が金融機関の休業日にあたったため、現預金関係に大きな変動がありますが、これを考慮すると、大きな変動はないようです。したがって、財務は安定しているといえます。特に、有利子負債は無借金、自己資本比率も業界屈指の68.3%と高い数字です。では、投資家はこの決算をどう見たかですが、決算後、株価は大きく下げており、売りと判断したようです。現状株価は3,135円、PERは18.98倍、PBRは0.83倍、特にPBRが1.00倍を下回り、純資産が時価総額を上回るという異常値で、株価は割安感のある水準といえます。アオキスーパー、今期60周年を迎え、今期は厳しい決算が予想されそうですが、中長期的にどう成長戦略を打ち出して行くのか、今後の中長期の成長戦略に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #スーパー  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,200人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

July 18, 2021 |

Comments

Post a comment