« 株価速報、食品スーパー、2021年7月30日、低調! | Main | 財務3表連環分析2021、CF、食品スーパーマーケット! »

August 01, 2021

財務3表連環分析2021、P/L、食品スーパーマーケット!

PI研のコメント(facebook):
・今年も財務3表連環分析2021を8/1にリリースしました。ここではその中からP/Lに絞り、食品スーパー約40社の決算分析を取り上げます。食品スーパーの決算期は2月が最も多く、ついで、3月、5月、9月と4つあります。ここではすべての本決算を集計し、分析しました。まずは営業収益ですが、食品スーパーは売上高に加え、不動産収入、物流収入等のその他営業収入が加わった営業収益があり、大半の企業が営業収益を決算短信では示していますので、この営業収益を最初に取り上げました。特に、その規模を視覚的にわかるように、数字だけでなく、面積でも示しましたが、規模の違いが鮮明です。No.1のライフコーポレーションの約7,500億円から約400億円と、大きな差があります。ちなみに、イオンは約8.5兆円、セブン&アイHは約6兆円ですので、さらに、規模が大きく、この2社はいかに巨大流通グループかがわかります。ここでは、この営業収益に加え、売上高、営業利益について、過去3年間の比較についても分析を加えました。また、営業利益を構成している売上総利益(粗利)と経費との関係、さらには、その差であるMD力についても分析しています。ちなみに、MD力、粗利から経費を差し引いた指標ですが、約半分の食品スーパーが逆ザヤ、赤字になります。これにその他営業収入が加わり、これが営業利益ですが、プラスになるという構造です。約40社の食品スーパーの平均は粗利、経費ともに約25%強となり、トントンとなり、その他営業収入が約3%、ほぼこれが営業利益率になります。今期、2021年度の本決算の特徴はこの分析結果を見る限り、売上高もさることながら、営業利益が過去2年間と比べ、大きく増加しており、これが新型コロナウイルス感染症による巣ごもり需要の食品スーパーへのプラスインパクトといえそうです。では、そのプラスのキャッシュをどう経営戦略に活かしたか、追って、CF、BSで明らかにしたいと思います。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #スーパーマーケット  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,220人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 1, 2021 |

Comments

Post a comment