« マックスバリュ東海、第1四半期、減収、大幅減益! | Main | アオキスーパー、第1四半期決算、減収、大幅減益! »

July 17, 2021

食品スーパー、株価速報、7月16日、低調!

PI研のコメント(facebook):
・株価速報、食品スーパー、33社の7/16時点となります。33社平均株価ですが、2,338.88円、前日比-11.06円、-0.43%と厳しい結果です。33社中プラスになったのはわずか9社で、10番目からはすべてマイナスというここ最近ではみられない結果です。そのような中で、ベスト5ですが、神戸物産1.8%、オリンピック1.0%、PLANT0.7%、マックスバリュ東海0.7%、北雄ラッキー0.5%となります。先週のベスト5とはすべて入れかわり、また、伸び率も低く、先週も低調な株価でしたが、さらに、今週は低調といえます。ちなみに、この日の日経平均ですが、28,003.08円、-0.98%ですので、食品スーパー平均を下回る下げ率ですので、全体の株価も低調であったといえます。このような中でもの先週と比べ、伸びた株もあります。中でも、ヤオコーは全33社の中で最大の伸びを示しており、全体とは様相を異にしています。そこで、今週はヤオコーをさらに深堀りしてみます。ヤオコーの株価の推移ですが、過去9ケ月間の日別動向を見ると、右下がりの傾向ですが、先週ぐらいから株価は反転、上昇に転じています。現在、2022年度の第1四半期決算の公表がはじまっていますが、ヤオコーは3月決算ですので、公開はもう少し先ですが、好業績を期待してか、株価は上昇基調といえます。現在6,400円、PERは17.50倍、PBRは2.13倍と業界平均に近い数字といえます。したがって、割高感も割安感もない株価水準といえます。ヤオコー、投資家は今後の動向を見極めようとしているといえ、次の四半期決算に注目といえます。一方、食品スーパーはここ数週間厳しい株価が続いており、新型コロナウイルス感染症の先行きが見えない中、しばらくは厳しい株価が続くと思われます。来週の株価ですが、どの水準でとどまるか、気になるとこころです。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株価  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,200人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

July 17, 2021 |

Comments

Post a comment