« 食品スーパー、株価速報、2021年7月21日、堅調! | Main | 寄与度に見るCPI、2021年6月、携帯通信料 0.54%! »

July 25, 2021

CPI、消費者物価指数、2021年6月度、コア指数0 2%!

PI研のコメント(facebook):
・CPI、消費者物価指数、2021年6月度が総務省から7/20、公表されました。ここでは食料に絞って、全約300項目すべてを取り上げます。まずは、全体ですが、相場変動が激しい生鮮食品を除くコア指数が0.2%と微増です。先月が0.1%でしたので、やや上昇基調に入ったようです。ただし、政府、日銀が目指す2.0%までにはかなりの差があり、物価事態は落ち着いた状況といえます。さて、食料ですが、大分類で見ると、大きくプラスになったのは0.8%の菓子類、0.7%の魚介類です。一方、大きくマイナスになったのは-1.4%穀類、果物、-1.0%の油脂・調味料です。では、それぞれ部門ごとにCPIの特徴を見てみると、穀類ではスパゲティ、小麦粉、うるち米が大きく下がり、全体的にマイナスが目立ちます。魚介類はプラス、マイナス混在、プラスではさば、ぶり、いか、あさり、シシャモ等、マイナスではあじ、いわし、たい等です。肉類は-2.0%以下はなく、鶏肉の2.4%がプラスで、他は安定しています。乳卵類では鶏卵が大きく上昇しているのが気になります。一方、チーズは大きくダウンです。野菜・海草、これもプラス、マイナス混在しています。レタス、さつまいも、じゃがいも、さといも、ごぼう、きゅうり等が大きく上昇する一方、キャベツ、ねぎ、だいこん等が大きく下げています。果物はりんごが-22.3とマイナスですが、グレープフルーツ、ぶどう、バナナ等は上昇しています。油脂・調味料ですが、食用油が大きく上昇していますが、それ以外は大半が下げています。一方、菓子類は0.8%の上昇、まんじゅう、だいふく餅、シュークリーム、ケーキ等が上昇しています。調理食品、惣菜ですが、全体は0.0%ですが、プラス、マイナス混在です。すし、からあげ、焼き魚は大きくプラスですが、冷凍ピラフ、パスタ、冷凍コロッケ等は大きくマイナスです。飲料は炭酸飲料が大きくプラスですが、マイナス項目が多いといえます。酒類ですが、ビール風アルコール飲料が大きくプラスですが、他はマイナスが多いといえます。そして、外食ですが、2.0%以上、以下はひとつもなく、全体的に微増といえます。以上、6月度のCPIは食料は全体的には微増といえ、安定した物価ともいえます。来月以降のCPIが気になるところです。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #消費者物価  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,220人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

July 25, 2021 |

Comments

Post a comment