« 食品スーパー、株価速報、2021年7月9日、低調! | Main | セブン&アイH、第四半期、増収増益、堅調! »

July 11, 2021

イオン、2022年、第1四半期決算、増収、黒字転換!

PI研のコメント(facebook):
・イオンが7/5、2022年2月期の第1四半期決算を公表しました。結果は営業収益が3.7%増、営業利益が昨年は赤字決算でしたので、黒字転換となる好決算となりました。特に、経常利益は過去最高の数字になったとのことです。事業別に見ると、「GMS(総合スーパー)事業、総合金融事業、ディベロッパー事業、サービス・専門店事業の業績が大きく回復」とのことで、これらが業績を押し上げたとのことです。一方、SM事業・DS事業、ヘルス&ウエルネス事業は新型コロナウイルス感染症の反動もあり、減益となっています。では、BS、貸借対照表ですが、昨年と比べると、大きな変化は見られず、比較的安定しています。ただ、イオンのBSは金融事業があるため、通常の小売業とは異質な構造といえます。資産の方では銀行業における貸出金が約2.5兆円、負債の方でも銀行業における預金が約4兆円などです。結果、自己資本比率は8.5%と、これも小売業ではあまりみられない低さといえます。これを受けて、通期予想ですが、営業収益は0.2%、営業利益は32.8%から46.1%と大きく改善する見込みです。では、投資家はこの決算をどう見たかですが、決算発表後、株価は下がっています。ただ、大きく下げてはおらず、投資家は今後のイオンの動向を見極めているといえます。現状株価は2,919円、PERは123.42倍と異常値、PBRも2.53倍と高い数字で、株価はPER、PBRの視点から見ると割高感のある株価となっています。イオン、第1四半期決算は好調な結果となりましたが、今後、この好調さを維持できるか、新型コロナウイルス感染症の先行き不透明な中、次の四半期決算に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #イオン  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,190人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

July 11, 2021 |

Comments

Post a comment