« ヤオコーvsベルク、徹底比較、P/Lの違いを見る! | Main | USMHvsライフC、P/L(損益計算書)、 3ケ年比較! »

August 30, 2021

ヤオコーvsベルク CF、BS 2021 3ケ年比較!

PI研のコメント(facebook):
・財務3表連環分析、新企画、「主要企業、徹底比較」、第1弾、ヤオコーvsベルクです。前回、P/L(損益計算書)について取り上げましたので、今回は、CF(キャッシュフロー計算書)とBS(貸借対照表)についての徹底比較です。まずは、CFですが、CFは3つに分かれ、相互連環しています。その大本が営業CFで、この営業CFを投資CFと財務CFへと配分、その比率が経営戦略そのものを決めています。ヤオコーの営業CFは約300億円、ベルクは約200億円です。その配分ですが、ヤオコーは投資CFに86.8%、財務CFはプラスですので、配分ではなく、調達しています。これは借入してでも、ここはキャッシュを確保しておくことが重要と判断したと思われます。一方、ベルクですが、投資CFに80.7%、財務CFも若干のマイナスの配分です。したがって、投資と財務双方のバランスをとって配分しているといえます。では、BS(貸借対照表)ですが、まずは純資産比率、ヤオコーは43.3%ですが、ベルクは55.9%です。約10ポイントベルクが高く財務基盤が安定しています。主な資産、新規出店に関わる土地、建物、敷金等の合計が59.9%、結果、純資産から引いた出店余力は-16.6%と、やや負債に追う成長戦略といえます。結果、負債も28.6%ですので、やや思い財務状況といえます。一方、ベルクですが、出店に関わる資産は73.4%と高い数字です。成長戦略にかなりの資産を投入しています。結果、差し引き、出店余力は-17.5%と、こちらも負債に依存する成長戦略といえます。ただ、有利子負債は16.1%ですので、ヤオコーと比べ純資産が高い要因がこの有利子負債の低さといえ、しかも、過去3年間で段階的に改善しており、財務基盤を固めていることがわかります。以上、ヤオコーとベルクの財務3表連環分析、徹底比較となります。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ヤオコー #ベルク  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

   new! 財務3表連環分析2021、リリース  
   1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,250人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 30, 2021 |

Comments

Post a comment