« 食品スーパー株価速報、2021年11月19日、堅調! | Main | マツキヨココカラ&カンパニー、中間、増収増益! »

November 21, 2021

ウォルマート、2022年1月、第3四半期決算、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
・ウォルマートが11/16、2022年1月期の第3四半期決算を公表しました。結果は売上高が103%、営業利益が118%と、増収、大幅増益の好決算となりました。P/L、損益計算書を見ると、原価が若干減少、経費も減少、さらに、サムズクラブの会費収入も増加と、トリプルで利益を押し上げたことが大幅増益の要因といえます。結果、営業利益は4.82%、昨年が4.22%ですので、率でも114%と大幅増益となりました。コメントでもCEOのDoug McMillon氏が「力強い売上とグローバルな利益増、さらに、オムニチャネルの貢献も大きかった」と述べています。一方、CFとBSですが、営業CFが71%と減少していることが気になりますが、今期は投資よりも財務改善にキャッシュを厚く配分しています。また、投資CFでは西友の売却益が約8,000億円と、営業CFの約50%を占め、キャッシュの増加に大きく貢献しています。それにしても、自社株買いに営業CFの45%強、配当に約30%強と、株主対策にキャッシュを大きく配分しているのが、この決算の特徴といえます。ただ、株価を見ると、決算発表後、下げており、投資家は売りと判断しています。一方、BSの方ですが、現預金が112%と増加、自己資本比f率も106%と上昇、財務が改善されています。したがって、今期は投資よりも財務の安定を優先した経営戦略といえます。では、この決算を投資家はどう見たかですが、先に述べたように、株価は下がっていますので、投資家は厳しい見方をしています。現状、株価は141.9ドル、時価総額は約40兆円です。PERは32.3倍、PBRは5.6倍と、いずれも高く、株価は割高感のある水準といえます。ウォルマート、株価が下がっていることが気になりますが、残り、四半期、年間最大の「a great holiday season」に入りますので、どこまで収益改善をはかってゆけるか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #walmart 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

   new! 財務3表連環分析2021、リリース  
   1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,840人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

November 21, 2021 |

Comments

Post a comment