« 見える化、ID-POS分析、アイスクリーム! | Main | 家計調査、食料、見える化、2021年10月度! »

December 09, 2021

見える化、AI、カップ麺!

PI研のコメント(facebook):
・見える化シリーズ、今回はAIの見える化に取り組んでみました。AIは様々なアルゴリズムが考案されていますが、ここではべジアンネットワークのアルゴリズムを用いて、見える化に取り組みました。商品はカップ麺です。カップ麺をAIで解析すると、重点クラスターとして5つのカップ麺で構成されたクラスタ―が抽出されました。その5つの併売関係をすべてAIで解析し、さらに、その関係に疑似、因果関係、すなわち、どの商品が親で、どの商品が子どもかを特定させ、これをネットワーク図に見える化しました。その結果、単純明快な因果関係図がAIによって見える化されました。これをじっと見ていると、カップ麺の活性化手法が次々に浮かびます。従来のPOS、IDーPOS分析では、併売分析まではできても、その因果関係図を作り上げることは不可能でしたが、AIをかけると見事に、その見える化ができあがります。どこに応用できるかも、いろいろ考えられますうが、ここではその一例として、棚割りに落とした参考図を試みに作ってみました。ゴールデンゾーンに親を配置した棚割り図と下段に親を配置した棚割り図と2パターンが思い浮かび、見える化できた図をぞのまま棚割りに簡単に落とせました。ちなみに、併売は商品の数の2乗の割合で、そのパターンが増えてゆきます。このカップ麺の事例のように5つの場合は2の5乗=32パターンですが、仮に、棚割りの約50品を分析するとなると、2の50乗ですので、計算すると、約1,000兆パターンとなります。これ通常のIDPOS分析では計算することは恐らく不可能ですが、AIでは計算でき、しかも、その見える化もできますので、AIはすごいものだと改めてわかります。AIはまだまだ見える化が進んでいるとはいえませんが、今後、さらに、見える化に取り組んでゆき、AIを実践に活かしてゆきたいと思います。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #見える化 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

   new!  AI入門セミナー、12/14(火曜)、Zoomで開催!
      「ID-POS分析による棚割り分析手法、AIの役割とは!」

 1.財務3表連環分析2021、リリース
  
   2.
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_2,970人
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« 見える化、ID-POS分析、アイスクリーム! | Main | 家計調査、食料、見える化、2021年10月度! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 見える化、ID-POS分析、アイスクリーム! | Main | 家計調査、食料、見える化、2021年10月度! »