« 見える化シリーズ、PI値を見える化すると! | Main | ドラックストア、ホームセンター、11月度、売上速報! »

December 18, 2021

株価速報、食品スーパー、12月17日、低調!

PI研のコメント(facebook):
・株価速報、食品スーパー、2021年12月17日となります。この日、ベスト5は、いなげや、リテールパートナーズ、神戸物産、オークワ、マックスバリュ西日本となりました。集計企業33社全体の平均株価が2,282.50円、-0.35%でしたので、先週の-0.06%と比べても低調な株価だったといえます。ただし、日経平均が-1.79%でしたので、それ以上に株価全体が下がったといえます。特に、日経平均は5日移動平均が-0.29%、26週移動平均が-0.46%ですので、短期的にも長期的にも、株価は低迷しており、厳しい株価といえます。ベスト5以降ですが、USMH、天満屋ストア、スーパーバリュー、アークス、ヤマザワと続き、13番目のマミーマートまでがプラスで、14番目のオーシャンシステムからマイナスですので、プラスは、半分弱と厳しい状況であるといえます。先週と個々の株価を比較すると、全体的には微増という状況ですが、2社、関西スーパーマーケットと大黒天物産が大きくマイナスとなっています。そこで、今週は、関西スーパーマーケットについてより詳しく見てみます。関西スーパーマーケットはH2Oリテーリングとの経営統合が最高裁判所から認められましたが、株価は急落、投資家からの売りが殺到しました。その要因は、H2Oとの経営統合により、発行株式数が約3,000万枚から約6,500万枚と倍増、株価が希釈し、その価値が大きく下がったたためです。その結果、仮に、オーケーがTOBを掛けても、これまでの約700億円から1,500億円近くにまで膨れ上がることから、オーケーとしても新たな資金調達が必要となります。いわゆるポインズンピルですが、オーケーとしてはTOBを断念せざるをえなかったと思われます。ただ、結果、PERは27.64倍から15.62倍へ、PBRは1.9倍から0.90倍と、特に、PBRが1.00倍を下回ってしまいました。投資家は厳しい視線で今回の結果を見ているといえます。食品スーパー、株価が低迷していますが、いよいよ、年末商戦に突入、来週以降、株価がどう推移するか、注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株価 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

   1.財務3表連環分析2021、リリース  
   2.
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_3,060人
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« 見える化シリーズ、PI値を見える化すると! | Main | ドラックストア、ホームセンター、11月度、売上速報! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 見える化シリーズ、PI値を見える化すると! | Main | ドラックストア、ホームセンター、11月度、売上速報! »