« セブン&アイH、第3四半期決算、大幅増収、増益! | Main | ドラックストア、HC、2021年12月、売上速報、低調! »

January 20, 2022

食品スーパー、売上速報、2021年12月度、低調!

PI研のコメント(facebook):

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回は、最新ですが、2021年12月度の食品スーパーマーケットの売上速報を取り上げます。
***
こちら側がベスト10ですが、ハローズ、ヤオコー、ベルク、アクシアルリテイリング、ライフコーポレーション、ヨークベニマル、カスミ、ヤマザワ、成城石井、アークスと続きます。グラフ化したものがこちらになりますが、ここは100%ラインですが、4番目ですね、アクシアルリテイリングまでがプラスという状況です。で、この藍色が客単価、このグリーンが客数ですが、大半の企業が客単価を伸ばして、売上げを押し上げていることがわかります。ただ、ベルクとですね、カスミですか、こちらはグリーンですので、客数アップで売上げを伸ばしているという状況になっています。
***
月々の推移がこちらになりますが、10月、11月、12月と比べてかなり下がってきているというところが気になるところです。11月度とは、ほぼ同じような構造なんですが、100%ラインを赤が売上高ですが、下がっているというところがやはり気になるところです。昨年は客単価を大きく引き上げてですね、売上げを確保しているという状況でしたので、今年は一転、客単価が下がってですね、厳しい状況になっていることがわかります。
***
では、全体像ですが、20社までが客数と客単価を公開している企業です。この21番目からは売上高のみ公開している企業です。ランクをつけてありますが、ベスト10以降ですが、いなげや、マックスバリュ東海、丸久グループ、USMH、マックスバリュ西日本と続いてゆきます。いずれも、5番目以下はマイナスですので、厳しい状況であることが一目でわかります。
***
参考に、GMSを見てみたいと思いますが、GMSは99.1%ということで、食品スーパーマーケットの97.8%と比べると若干いいんですが、3ケ月間連続で100を切っていますので、依然として伸び悩んでいるという状況です。サンエー、イトーヨーカ堂、イズミがベスト3、100%を越えています。
***
では、食品スーパーマーケットを含めて他の業態の結果を見てみたいと思いますが、食品スーパーマーケットは100%を割っていると。GMSも100%を割っているという状況ですが、百貨店がやはり一番好調で、昨年は厳しかったということで、その反動もあってですね、今期は業態の中で、小売業の業態の中で、一番伸びている業態といえます。逆に、一番厳しいのはホームセンターで、3カ月連続で下がっているということで、ホームセンターは厳しい状況です。
***
ということで、12月度の食品スーパーマーケットの売上速報となります。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #スーパーマーケット 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

   1.財務3表連環分析2021、リリース  
   2.
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_3,360人
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« セブン&アイH、第3四半期決算、大幅増収、増益! | Main | ドラックストア、HC、2021年12月、売上速報、低調! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« セブン&アイH、第3四半期決算、大幅増収、増益! | Main | ドラックストア、HC、2021年12月、売上速報、低調! »