« 新店速報、ホームセンター等、2022年3月、21店舗! | Main | ヤマナカ、2022年3月、本決算、減収減益! »

May 07, 2022

株価速報、食品スーパー、2022年5月6日、低調!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回でブログは6,037号目となります。テーマですが、5月6日時点の食品スーパーマーケットの株価速報の解説となります。
***
この日、ベスト5ですが、スーパーバリュー、関西フードマー ケット、リテールパートナーズ、大黒天物産、ダイイチと続きます。全体平均が0.4%のプラスですが、先週が1.6%のプラスでしたので、株価が低調な状況といえるかと思います。日経平均も0.69%のプラスですので、日経平均の方が若干上昇基調といえます。5日移動平均が0.94%のプラスですので、依然として短期的にはプラスの状況で推移しています。ただ、26週移動平均はマイナスの2.36%ですので、長期的には厳しい株価が続いているといえます。
***
では、今回集計した32社、全体の動向ですが、6番目からはアークス、エコス、いなげや、ヤオコー、天満屋ストアと続いていきます。19番目のUSMHまでがプラス。20番目のJMHD、ここからマイナスとなりますので、2/3弱がプラスという状況です。で、この日、PERとか、PBRの 視点で株価が買われたのか、売られたのかということですが、黄色く色付けしたところが、各指標のベスト5になります。グリーンがワースト5ですが、こう見るとですね、グリーンが上位企業に多いということから、PERとかPBRの低い企業に投資家の買いがですね、集中したといえるのかと思います。
***
では、先週と比べての個々の株価の比較ですが、ほとんどがですね、プラス、若干のプラスという状況で推移しています。中でも関西フードマーケットとか、ヤオコーとか、ベルクとかは大きく株価を上昇させています。気になるのは神戸物産です。先週と比べ株価が大きく下がっています。そこで、今週は神戸物産について少し深掘りしてみたいと思います。
***
こちらが神戸物産の株価ですが、4月10日前後からですね、株価が下げていまして、現在でも下げ基調で売買高も上昇しています。したがって、投資家は売りとみているといっていいかと思います。現状、2,981円の株価で、PERは32.84倍、PBRは8.39倍で、どちらも高い水準ですが、投資家は売りと見ているようです。やはり、今後の円安ですね、動向等がどう神戸物産の業績に響くのかというところを懸念しているものと思われます。
***
以上、5月6日時点の食品スーパーマーケットの株価速報となります。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株価 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.財務3表連環分析2021、リリース  
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_3,670人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« 新店速報、ホームセンター等、2022年3月、21店舗! | Main | ヤマナカ、2022年3月、本決算、減収減益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 新店速報、ホームセンター等、2022年3月、21店舗! | Main | ヤマナカ、2022年3月、本決算、減収減益! »