« CPI、消費物価指数、2022年3月、食料、3.4%! | Main | ヤオコー、2022年3月期、本決算、増収増益! »

May 11, 2022

アクシアルR、2022年3月期、本決算、減収減益!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回は5月6日にアクシアルRが公表した2022年3月期の本決算を取り上げます。
***
結果ですが、売上高が96.1%、営業利益が85.1%と減収、大幅減益の率で見ると、厳しい結果になっていますが、ここのコメントにもある通り、実質的な売上高は過去最高だそうです。さらにですね、営業利益、経常利益、純利益、これも過去2番目の水準ということで、昨年が新型コロナウィルスの特需がですね、影響して、その反動があったといえる決算となっています。で、原価の方がですね、99.3%で、減少しています。経費の方は104.4%で大きく増加していますので、これが利益を圧迫した要因といえます。結果、営業利益の方ですが、率で見た場合に4.2%、昨年が4.7%ありましたので、88.5%と、率で見てもですね、昨年の反動が響いている結果となっています。これを踏まえて、通期予想ですが、売上高の方は0.4%の微増、営業利益の方は4.9%のマイナスということで、やや厳しい予想をしています。
***
さて、キャッシュフロー計算書と貸借対照表の方ですが、キャッシュフロー計算書の方も、営業活動によるキャッシュフローの方が65.3%と大きく減少をしています。これを投資と財務にどう配分したかということなんですが、グラフにしたものが、こちらになりますが、投資に61.5%、財務に23.4%と、キャッシュを配分していることが分かります。さらに、キャッシュを残しているということで、実質、現金の方が増加しています。
***
で、BSにこれがどう反映されたかということなんですが、結果的に自己資本比率の方は改善しているということで、財務の安定化が図れているということが見て取れます。買掛金も減少していますし、有利子負債も減少していることが分かります。一方、現金の方は増加しています。さて、一方ですね、建物及び土地、新規出店に関わる資産の方ですが、合計で51.8%あります。自己資本比率がこのグラフで見る63.4%で、出店に関わる資産を上回っているということで、出店余力の方はですね、安定した財務基盤を作れているというのが現状かと思います。
***
さて、この結果を投資家はどう見たかということなんですが、残念ながら決算後ですね、株価は大きく下がっているということで、投資家は売りと見たようです。現状、株価は3,145円 、PERは11.88倍、PBRは0.98倍ということで、PBRの方がですね、1.00倍を下回わるということで、純資産が時価総額を上回るという逆転現象が起こっているところが気になるところです。
***
以上、アクシアルRの2022年3月期の本決算の解説となります。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #アクシアル 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.財務3表連環分析2021、リリース  
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_3,690人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« CPI、消費物価指数、2022年3月、食料、3.4%! | Main | ヤオコー、2022年3月期、本決算、増収増益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« CPI、消費物価指数、2022年3月、食料、3.4%! | Main | ヤオコー、2022年3月期、本決算、増収増益! »