« アインH、2022年4月期、本決算、増収、大幅増益! | Main | ARPUの実践的な活用事例、オイシックス・ラ・大地! »

June 14, 2022

オイシックス・ラ・大地、2022年3月、本決算、増収、大幅減益!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回は、5月12日ですが、オイシックス・ラ・大地、ECですね、が公表した2022年3月期の本決算を解説します。
***
結果ですが、売上高が113.4%、営業利益が55.9%と、大幅増収なんですが、一方で、大幅減益という厳しい結果となっています。グラフにしたものがこちらですが、売上高に対して営業利益、経常利益、当期純利益ともに大幅な減益という結果です。原価が105.1%、経費も102.9%で、ダブルで利益を圧迫していることが要因といえます。グラフにして見たものがこちらですが、両方とも上昇しているということで、気になる結果です。結果、営業利益の方ですが、3.7%、昨年が7.5%でしたので、率で見ても49.3%と、大幅な減益となっています。これを受けて通期予想ですが、売上高は5.7%、営業利益は7.9%と、増収増益を見込んでいます。
***
さて、キャッシュフロー決算書と貸借対照表の方ですが、キャッシュフロー計算書、やはり、営業活動によるキャッシュフローが大きく減少していることが気になります。当期純利益に加えて、仕入債務の減少、それから支払金の減少ということで、これらもキャッシュフローに大きな影響を与えています。これを投資と財務にどう配分したかということなんですが、投資に関しては、これグラフにしたものですが、444.8%ということで、総資産、ええ、営業活動によるキャッシュフローをですね、4倍以上を投資に当てている結果です。一方、財務の方は、資金調達を若干図っていると。結果、現預金の方が減少していまして、内部留保を取り崩していることが見て取れます。
***
これがBSにどう反映されたかですが、自己資本比率を見るとですね、42.0%ということで、昨年よりも大きく下がっているところが気になります。グラフにしたものがこちらですが、資産は増えてるんですが、自己資本比率の方が減少しているという状況です。特にですね、有利子負債が増加と。これはリースですね。今期からリース債務が大きく増加していますので、リースに切り替えたことが負債を増加させる。一方で、資産も増加してるんですが、結果、自己資本比率を下げているという結果になっているのかと思います。
***
では、投資家は、この決算をどう見たかということなんですが、12日がここですけれども、翌日、売買高、オレンジが大きく上がって、株価は下がっています。したがって、投資家は売りと判断したんですが、その後株価はですね、横ばいで推移してまして、冷静に今後の動向を見極めているというのが投資家の視線かと思います。現状、1,815円の株価、PERは26.53倍、PBRは3.00倍ということで、特にPBRが高い水準ですので、若干、割高感のある株価水準とはいえます。
***
以上、オイシックス・ラ・大地の2022年3月期の本決算の結果となります。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #オイシックス


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.財務3表連環分析2021、リリース  
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_3,760人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« アインH、2022年4月期、本決算、増収、大幅増益! | Main | ARPUの実践的な活用事例、オイシックス・ラ・大地! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« アインH、2022年4月期、本決算、増収、大幅増益! | Main | ARPUの実践的な活用事例、オイシックス・ラ・大地! »