« 食品スーパーの数字、その3、ポイントカード! | Main | 食品スーパーの数字、その5、ロス率! »

June 09, 2022

食品スーパーの数字、その4、PB!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回でブログは6,066号目となります。テーマですが、食品スーパーの数字ということで、店舗の状況、その4、プライベートブランド 、PBを取り上げます。このデータは、日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会、全国スーパーマーケット協会の業界3団体合同によるスーパーマーケット年次統計調査からとっています。2021年10月度が最新となります。
***
早速、PBの状況ですが、まず7割ぐらいが PBを扱っていることが実態だそうです。中でも、店舗数が増えるほど PBの取り扱いは増えているということで、11店舗以上になると80%を超えてくるという形で、51店舗以上になると、91.4%ですから、大半の店舗で扱っているという状況が見てとれます。ただ、1-3店舗は、やはりまだ55%、44.1%が扱っていない状況です。規模別、都市圏、地方別ではさほど、大きな差はないという状況です。
***
PBの占める売上高比率ですけども、平均で9.3%だそうです。ただ、若干の違いがあって、小規模店舗中心のですね、企業は11.2%ということで、結構、PBの取り扱い比率が高いと、取り扱いではなくて、売上高比率ですね、が高いと。それから、都市圏の方が高いという傾向が見てとれます。
***
カテゴリーごとに見て、どこにPBが集中しているのかということなんですが、やはり、食品(ドライグロサリー)、ですね。ここが90%を超えて95%前後という形で、非常に高いPBの取り扱いです。ついで、生鮮・日配、90%前後ですね。それから、日用雑貨ということで、75%前後でしょうか。その他となっています。
***
最後ですが、PBの売上げ、商品別のですね、売上高構成比ですけれども、生鮮・日配が差が結構でると、食品(グロサリー)は50%前後なんですけども、生鮮・日配ではですね、25%から57%の倍くらい差があるということが特徴として出てきています。規模別、それから、都市圏とですね、地方圏ではそんな大きな差はないという数字結果かと思います。
***
以上、今回はPBについてですね、食品スーパーの数字ということで、解説しました。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #PB


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.財務3表連環分析2021、リリース  
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_3,750人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« 食品スーパーの数字、その3、ポイントカード! | Main | 食品スーパーの数字、その5、ロス率! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 食品スーパーの数字、その3、ポイントカード! | Main | 食品スーパーの数字、その5、ロス率! »