« 決算速報 Kroger、2022年、第2四半期決算、その1! | Main | 神戸物産、決算短信、2022年10月期、第3四半期、増収増益! »

September 13, 2022

決算速報 Kroger、2022年、第2四半期決算、その2!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回は9/9にクローガーが公表した2023年2月期の第2四半期決算の解説をしたいと思います。で、その1ではですね、CEOのマクミュラン氏のコメントを中心に見てきましたので、ここでは財務3表、P/L、BS、CF、キャッシュフロー計算書をもとに解説をしてゆきます。
***
こちら側がP/Lですけれども、P/Lのポイントはまずは、売上高ですね。こちらが8.5%増ということで、増加して、ええ、増収ですね、増収であることが見てとれます。で、ここが、これが第2四半期決算のみですね、を集計したもの。こちら側がYEAR-TO-DATAということで、累計ですね、第2四半期の累計を見た、今回は累計を中心に見てゆきます。それから、OPERATING EXPENSESということで、原価になります。これも、これは9.6%増ということで、原価が上昇していることが気になります。逆算して粗利を見ると、21.3%です。昨年が22.1%ですので、やはり減少していることが気になります。一方、OPERATING GENERAL AND ADMINTRATIVEということで、こちらが一般管理費ということになります。15.7%ですので、かなり低いことがわかります。しかも、昨年が17.2%、ここが大きく改善して、今期は好決算をもたらしているといえるのかなと思います。RENTは家賃でしょうか?それから、DEPRECIATION AND AMORTIZATIONということで、減価償却費ですね。こちら側も増加しています。結果、OPERATING PROFITということで、営業利益ですが、3.1%。昨年が2.3%ですので、大きく上昇していることが見てとれます。したがって、増収増益の好決算となっています。
***
さて、こちら側がBSですけれども、貸借対照表です。まずは、ここがポイントかと思いますが、純資産比率ということで、計算すると19.78%。昨年よりも改善しているんですが、まだまだ、低いところが気になります。ASSETSということで、資産、こちら側の部分になります。Propertyということで、こちらの方が設備投資ですね。49.49%ということで、約5割が新規出店等に関わる資産となっています。Cash、0.52%で、昨年よりも削減されていることが気になります。今期はCashをですね、Cash outといって、Cashをかなり使っていると。しかも、0.52%ですから、かなり、低いということも気になります。 Inventories、在庫になりますが、15.01%で増加していることが気になります。Cashとも関係してきます。LIABILITIESということで、こちらになりますが、負債になります。特に、有利子負債、リースを含んでいますが、41.82%ですね。昨年よりも削減はされているんですが、これがやはり、純資産比率を引き下げている大きな要因かと思います。で、これが買掛金で、Trade accounts payableということで、15.28%。在庫とも連動してくる、これは指標ですけれども、買掛金も増加していることが気になります。
***
さて、じゃあ、キャッシュはどうだったかということですが、こちらが営業活動によるキャッシュフローということで、やはり、昨年よりもですね、かなり、減っていると。特に、Inventoriesですね。在庫が、に対しての投資が嵩んだということで、これ、金融機関との関係もあるかと思いますが、ここが昨年と比べて、プラスがマイナスになっているということで、キャッシュをここに投資、投入しているというところが営業活動によるキャッシュフローを引き下げた要因といえるかと思います。ここは投資キャッシュフローですけれども、こちらが57.19%ですから、営業活動によるキャッシュフローの大半をこちらに入れているといえます。ただですね、こちらがfinancing で財務キャッシュフローになりますが、こちら方が72.44%ですから、さらにキャッシュをこちらの方に配分していると。したがって、今期は投資よりもですね、財務の方、財務改善の方にキャッシュを配分したことが見てとれます。中でも、Treasury stock purchasesということで、自社株買いですね、ここが昨年同様ですね、大きく増加しています。結果、キャッシュがどうなったかということなんですが、( )ですから、マイナスになっています。昨年はプラスでしたので、したがって、内部留保を取り崩してですね、財務改善を図ったというところが今期の、成長戦略にも投資しましたけれども、キャッシュの配分のポイントかと思います。
***
では、この決算を踏まえてですね、投資家はどう見たかということなんですが、9/9、ここです。株価は大きく上昇していますので、投資家は買いと見ています。売買高の方も上昇していることが見てとれます。したがって、投資家から見るとですね、この決算は買いの結果だったということで、クローガーを好意的に評価しているところが見てとれます。
***
以上です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #Kroger


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_4,040人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« 決算速報 Kroger、2022年、第2四半期決算、その1! | Main | 神戸物産、決算短信、2022年10月期、第3四半期、増収増益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 決算速報 Kroger、2022年、第2四半期決算、その1! | Main | 神戸物産、決算短信、2022年10月期、第3四半期、増収増益! »