« 平和堂、2023年2月期、第2四半期決算、株価低調! | Main | 新店速報、食品スーパー、2022年10月公表、14店舗! »

October 04, 2022

DCMH、2023年2月期、第2四半期決算、堅調!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回は9/29ですね、DCMホールディングスが公表した2023年2月期の第2四半期の決算短信の解説をします。決算短信は表紙2枚がポイントで、P/L、BSに加えてですね、投資家目線ということで配当、予想、株式が公開されています。
***
早速、P/Lの方ですが、今期は収益認識に関する会計基準が適用されているために、営業収益に関しては増減率が記載していません。営業利益の方は4.0%のマイナスということで、若干、厳しい状況かなということが推測されます。投資家目線ということで、EPSの方ですが、82.64円ということで、昨年と比べると下がっているところが気になります。EPSはEarnings Per Shareの略で、PERの基礎となる指標のひとつです。株価をEPSで割ってもですね、時価総額を当期純利益で割ってもPERを導くことが可能です。
***
さて、BSの方では総資産、純資産、割った自己資本比率です。46.2%ということで、昨、これは2月期決算ですね、前期の決算と比べて、下がっているところが気になるところです。
***
さて、投資家目線ということでは、配当です。第2四半期末、期末、合計ですが、今期は33.00円、ええ、23年2月期予想が40.00円ということですので、増配の予定ですね。
***
これらを踏まえて通期予想ですが、営業収益、営業利益です。ええ、11.3%と1.1%ということで、増収増益を予想しています。進捗率を計算すると48.2%と61.19%ですので、特に営業利益の方がですね、大きく伸びる予想です。EPSの方は128.19円です。先ほど見た第2四半期が82.64円ですので、単純に2倍すると165.28円となります。したがって、若干、低いところが気になります。
***
さて、株式の方ですけれども、今期は少し動いています。期中が増加していますね、それから自己株式、こちらも増加しています。したがって、約500万から600万株ぐらいが増加ということで、株式が増加しているところがポイントです。
***
さて、これらを踏まえて、投資家はですね、この決算をどう見たかということなんですが、29日ですかね、決算発表日ですが、翌日、売買高、オレンジが上昇、大きく上昇してですね、株価、赤ですけれども、ボリンジャーバンドの上値圏を越える勢いで上昇しています。したがって、投資家は積極的に買いに入っているということで、買いとなっています。現状、1,177円の株価、PERは9.09倍、PBRは0.69倍ということで、業界平均よりも若干低いところが気になります。特に、PBRが1.00倍を下回るということで、ええ、ここが気になるところです。したがって、株価は割安感のある水準といえるかと思います。
***
以上、DCMホールディングスの2023年2月期の第2四半期決算の決算短信の解説となります。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #DCM


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_4,087人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« 平和堂、2023年2月期、第2四半期決算、株価低調! | Main | 新店速報、食品スーパー、2022年10月公表、14店舗! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 平和堂、2023年2月期、第2四半期決算、株価低調! | Main | 新店速報、食品スーパー、2022年10月公表、14店舗! »