« マツキヨココカラ&カンパニー、決算短信の解説、2023年3月、第2四半期、増収増益! | Main | 三越伊勢丹H、決算短信の解説、2023年3月期、第2四半期、好調! »

November 23, 2022

サンドラッグ、決算短信の解説、2023年3月期、第2四半期、増収増益!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回は、サンドラッグが11月14日に公表した2023年3月期の第2四半期決算の決算短信を解説します。決算短信は、この表紙2枚がポイントでして、P/L、BSに加えてですね、投資家目線ということで、配当、予想、株式等が公開されています。
***
早速、P/Lの方ですが、売上高が3.8%増、営業利益が3.2%増ということで、増収増益の好決算となっています。投資家目線ということで、1株当たりの四半期純利益、EPSの方ですが、108.81円ということで、昨年よりも増加しています。EPSはEarnings Per Shareの略で、PERの基礎との指標の1つです。株価をEPSで割っても、時価総額を当期純利益で割っても、PERを求めることができます。したがって、PERとEPSが予想できればですね、株価を理論的に算出することが可能となります。
***
BSの方ですが、総資産、純資産、割った自己資本比率です。68.0%ということで、昨年よりも改善。かつ、安定的な高い水準といえます。
***
配当の方ですが、第2四半期末、期末、合計です。昨年が71円。今期予想が100円ということで、大きく増配の予定です。
***
これを踏まえて、通期予想ですが、売上高が6.8%増、営業利益は4.0%増ということで、増収増益を見込んでいます。特に、進捗率を見ると営業利益が52.29%ということで、予想以上にですね、実績が進んでいるのかと見てとれます。EPS、1株当たり当期純利益ですが、206.97円です。先ほどの第2四半期が108.81円でしたので、単純に2倍すると217.62円ということで、ほぼですね、近い水準といえるかと思います。
***
さて、配当の方、配当ではなくて、株式の方ですが、期中、自己株式、期末が公開されています。期末を見ると、119,331,084株ということで、昨年と全く同じ株式数ですので、変動はありません。これ踏まえで投資家は、この決算をどう見たかということですが、決算発表日の翌日、15日、オレンジ、売買高は跳ね上がって、株価も上昇しています。その後も上昇していますので、投資家は買いと見ているようです。現状、3,680円の株価、PERは17.78倍、PBRは1.88倍ということで業界平均に近いといえですね、割高感も割安感もない株価水準といえるかと思います。
***
以上、サンドラッグの2023年3月期の第2四半期決算の決算短信の解説となります。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #サンドラッグ


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

New! ダイヤモンド・リテールメディアに、youtube、コラボ投稿!
   *パットわかる最新情報、決算短信を詳しく解説!!
1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_4,170人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« マツキヨココカラ&カンパニー、決算短信の解説、2023年3月、第2四半期、増収増益! | Main | 三越伊勢丹H、決算短信の解説、2023年3月期、第2四半期、好調! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« マツキヨココカラ&カンパニー、決算短信の解説、2023年3月、第2四半期、増収増益! | Main | 三越伊勢丹H、決算短信の解説、2023年3月期、第2四半期、好調! »