« 株価速報、食品スーパー、2022年11月11日、堅調! | Main | マミーマート、決算短信の解説、2022年9月期、本決算! »

November 14, 2022

ヤオコー、決算短信の解説、2023年3月期、第2四半期決算!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回はヤオコーが11/10に公表した2023年3月期の第2四半期決算の決算短信を取り上げます。決算短信はこの表紙2枚がポイントでして、P/L、BSに加えて、投資家目線ということで、配当、予想、株式等が公開されています。
***
早速、P/Lの方ですが、営業収益が3.9%増、営業利益は7.5%のマイナスということで、やや厳しい決算となっています。EPS、こちら1株当たりの四半期純利益ですが、277円という結果です。昨年が293.71円ですので、若干、下がっているところが気になります。EPSはEarnings Per Shareの略で、PERの基礎となる指標のひとつです。株価をEPSで割っても、時価総額を当期純利益で割ってもPERを求めることができます。したがって、PERとEPSがですね、算出できれば、株価を理論的に算定することも可能です。
***
さて、こちらの方がBSの方ですけれども、総資産、純資産、割った自己資本比率です。44.8%ということで、昨年よりも上昇していますので、ええ、改善しています。1株当たりの純資産、BPSですが、3,550.37円、こちらも昨年よりも改善していますので、安定しています。BPSはBook value Per Shareの略で、PBRの基礎となる指標のひとつです。株価をBPSで割ってもですね、時価総額を純資産で割ってもPBRを求めることができます。したがって、PBRとBPSが予測できればですね、株価を理論的に算出することが可能となります。
***
配当の方ですが、第2四半期末、期末、合計です。合計が80円。で、今期予想が80円ですので、変動はありません。
***
これを踏まえて通期予想ですが、営業収益は1.9%増、営業利益が5.9%増ということで、一転、増収増益を見込んでいます。特に、進捗率を見ると、営業利益が62.61%と、こちらの方が増加する予想となっています。1株当たりの当期純利益、EPSですが、411.97円です。先ほどの第2四半期が277.00円ということですので、単純に2倍すると、554.00円となりますで、若干、低いところが気になるところです。
***
株式の方ですが、期中、自己株式、期末が公開されています。期末を見るとですね、52,381,447株ということで、昨年と同じ株式数ですので、変動はありません。
***
では、この決算を投資家はどう見たかということですが、株価を見ると、11/10ですね、翌日、株価は横ばいとなっています。したがって、投資家は今後の動向を冷静に見極めているといっていいかと思います。現状、株価は6,520円、PERは15.83倍、PBRは1.84倍ということで、ほぼ業界平均に近いということで、割高感も割安感もないという水準かと思います。
***
以上、ヤオコーの2023年3月期の第2四半期決算の決算短信の解説となります。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ヤオコー


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

New! ダイヤモンド・リテールメディアに、youtube、コラボ投稿!
   *パットわかる最新情報、決算短信を詳しく解説!!
1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_4,170人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« 株価速報、食品スーパー、2022年11月11日、堅調! | Main | マミーマート、決算短信の解説、2022年9月期、本決算! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 株価速報、食品スーパー、2022年11月11日、堅調! | Main | マミーマート、決算短信の解説、2022年9月期、本決算! »