« 売上速報、コンビニ、百貨店、2022年11月、好調! | Main | ツルハH、決算短信の解説、2023年5月期、第2四半期、増収増益! »

December 22, 2022

コンビニ、売上速報、2022年11月、好調!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回は、コンビニ、一般社団法人の日本フランチャイズチェーン協会が12月20日に公表した全国のコンビニですが、2022年11月度、最新の解説をしたいと思います。
***
まず、こちら側が集計結果になりますが、コメントが出ていまして、前月に引き続き、ということで、全国旅行支援による行楽需要、これが寄与してですね、おにぎりとか、弁当とか、揚げ物、ソフトドリンクが好調に推移したそうです。結果、既存店、全店含めてですね、昨年を上回ったということだそうです。実際、これが数字ですが、7.4%、既存店ということで、好調な売上げであることが見てとれます。ただ、気になるのは店舗数で、今回の集計は55,825店舗になるんですが、全体としては、マイナスの0.2%ということで、店舗数が減少していることです。ちなみに、この店舗ですが、セイコーマート、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ローソンの7社の集計となります。したがって、店舗数を増やして、売上げを上げていくという戦略ではなくてですね、ここにある通り、客数と客単価を引き上げて、売上げを上昇させたというところが、今回の大きなポイントになっています。その客数ですが、1.1%ということで、微増です。客単価の方が6.2%ということで、こちら側が上昇して、売上げを押し上げたということが鮮明です。部門別で見たものがこちらになりますが、各部門とも、ほぼ満遍なくということで、全体が上がったというところがポイントかと思います。
***
参考にですが、主要3社を集計したものが、こちらになります。平均で106.1%ということで、全体よりも若干低いところが気になります。グラフにしたものが、こちらになりますが、10月から売上げが上がっていることが3社とも鮮明です。客数、客単価を見るとですね、これも全体の傾向にほぼ一致してますが、客数よりも客単価増がですね、売上を押し上げているところが3社とも鮮明です。
***
以上、2022年11月度、最新となりますが、コンビニの売上速報となります。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #コンビニ


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

New! ダイヤモンド・リテールメディアに、youtube、コラボ投稿!
   *パットわかる最新情報、決算短信を詳しく解説!!
1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_4,215人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

« 売上速報、コンビニ、百貨店、2022年11月、好調! | Main | ツルハH、決算短信の解説、2023年5月期、第2四半期、増収増益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 売上速報、コンビニ、百貨店、2022年11月、好調! | Main | ツルハH、決算短信の解説、2023年5月期、第2四半期、増収増益! »