« 決算短信の解説、オークワ、2024年2月期、第1四半期決算! | Main | 株価速報、食品ス―パー、2023年7月7日、堅調! »

July 08, 2023

決算短信の解説、平和堂、2024年2月期、第1四半期!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回は、平和堂が6月30日に公表した2024年2月期のですね、第1四半期決算の決算短信を解説します。決算短信は、この表紙2枚がポイントでして、P/L、BSに加えて、投資家目線ということで、配当、予想、株式等が公開されています。
***
早速、P/Lから見ていきますが、営業収益が2.2%増、営業利益が37.7%増ということで、増収、大幅増益の好決算となっています。EPS、1株当たりの当期純利益ですが、29.99円ということで、こちらも昨年と比べて、大きく増加しています。
***
BSの方ですが、総資産、純資産、割った自己資本比率です。58.7%ということで、昨年よりも、若干、減少していますが、安定した財務の財務基盤といえます。
***
配当の方ですが、第2四半期末、期末、合計が公開されています。合計を見ると、42円、前期ですね、今期予想が42円ですので、変化はありません。
***
これを踏まえて、通期予想ですが、営業利益が、営業収益が1.0%増、営業利益は39.7%減ということで、増収、大幅減益を予想しています。進捗率を見ると、24.03%、38.17%ですので、恐らく、これよりも良い数字に落ち着くのではないかという予想が立ちます。EPS、1株当たりの当期純利益ですが、87.71円です。先ほどの第1四半期が29.99円、単純に4倍すると、119.96円ですので、やや低い数字であるところが気になります。
***
株式の方ですが、期中、自己株式、期末が公開されています。期末を見ると、52,546,470株、昨年と全く同じ株式数です。従って、変化はありません。
***
これを踏まえて、投資家は、この決算をどう見たかということですが、6月30日、決算発表日ですが、売買高、オレンジは跳ね上がって、株価は下がっています。から、この後を見ないと何ともいえませんが、投資家は、冷静に、今後の動向を見極めているといえるかと思います。現状、2,150円の株価、PERは24.51倍、PBRは0.63倍ということで、1.00倍を下回るということで、割安感のある株価水準といえるかと思います。
***
以上、6月30日に平和堂が公表した2024年2月期の第1四半期決算の決算短信の解説となります。


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

New!  新刊です!
 BayoLinkSで実践するベイジアンネットワーク
  

   決算短信_決算短信2023リリース
      no+e
はじめました!
        *有料、無料コンテンツ、続々投稿!  

1.ダイヤモンド・リテールメディアに、youtube、コラボ投稿!
   *パットわかる最新情報、決算短信を詳しく解説!!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_4,564人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
4.YouTube、チャネル登録はこちら!
5.twwiterはこちら!

« 決算短信の解説、オークワ、2024年2月期、第1四半期決算! | Main | 株価速報、食品ス―パー、2023年7月7日、堅調! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 決算短信の解説、オークワ、2024年2月期、第1四半期決算! | Main | 株価速報、食品ス―パー、2023年7月7日、堅調! »