« 売上速報、食品ス―パー、2023年6月度、堅調! | Main | 販売統計調査、食品ス―パー、その2、日配、グロサリー、堅調! »

July 25, 2023

販売統計調査、食品ス―パー、その1、生鮮、惣菜、堅調!

ブログ、食品スーパーマーケット最新情報です。IDプラスアイの鈴木です。今回は、販売統計調査ということで、スーパーマーケットのその1、生鮮、惣菜を解説します。最新は6月度となります。
***
この販売統計調査は、全国スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会のスーパーマーケットの業界3団体が公表しているものとなります。全国270社、8,376店舗が対象となります。結果ですが、103.1%ということで、堅調な売上高となっています。伸び率ですね、青果が99.3、水産が102.2、畜産が103.8、惣菜が105.0ですので、畜産、惣菜が特に好調であったといえます。キーワード3つ出ていまして、値上げによる数量減が収まる傾向にあるそうです。それから、気温が高めで推移していると、それから、低価格消費への需要シフトということで、PB等が好調だったそうです。
***
では、早速、青果から見ていきますが、DIはマイナスの4.6、やや不調となっています。
野菜の相場安の傾向が鮮明だそうで、前年の土物高騰の反動減がかなり響いているとから、気温がやや高く推移したということで、トマトとかきゅうりとかサラダ関連が好調だったそうです。果物ですが、柑橘類が不調だったそうですが、さくらんぼは好調だそうです。バナナやキウイフルーツ、これ輸入果実ですが、これも好調だったそうです。
***
水産ですが、DIは2.6、やや好調だそうです。燃料費とか養殖資料の高止まりがあるということで、マグロは価格高騰の影響が大きかったそうです。旬のうなぎですね、国産は伸び悩んでいるそうですが、輸入は好調ということで、低価格へのシフトが見られるそうです。
***
畜産ですが、DIは8.4、やや好調です。相場高が続いているそうで、牛肉は不調だそうです。ただし、豚肉とか鶏肉は好調だということで、輸入の動きが、特に良かった。ここでも低価格がプラスになっているということだそうです。加工肉ですが、値上げの影響で、好不調が分かれているそうです。
***
最後、惣菜ですが、DIは15.5、好調だそうです。光熱費、調理油の値上げ、特に、家庭なんですね、これが引き続き続いているということで、天ぷら、コロッケなど、揚げ物類が好調だそうです。行楽需要とか、イベント再開、夕食需要の回復が見られるということで、米飯類が好調だそうです。
***
以上、食品スーパーマーケットの売上速報、最新、6月度となります。


━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

New!  新刊です!
 BayoLinkSで実践するベイジアンネットワーク
  *第5章_ベイジアンネットワークでID-POSデータから顧客行動を分析するを執筆しています。  

   決算短信_決算短信2023リリース
      no+e
はじめました!
        *有料、無料コンテンツ、続々投稿!  

1.ダイヤモンド・リテールメディアに、youtube、コラボ投稿!
   *パットわかる最新情報、決算短信を詳しく解説!!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_4,599人
   *投稿記事:オペレーションズリサーチ学会へ投稿
4.YouTube、チャネル登録はこちら!
5.twwiterはこちら!

« 売上速報、食品ス―パー、2023年6月度、堅調! | Main | 販売統計調査、食品ス―パー、その2、日配、グロサリー、堅調! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 売上速報、食品ス―パー、2023年6月度、堅調! | Main | 販売統計調査、食品ス―パー、その2、日配、グロサリー、堅調! »